「ものすごくしんどかった」藤野あおばが語る“北朝鮮戦の知られざる真実”

カテゴリ:女子サッカー

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年04月08日

「疲労がどっと出たというか」

北朝鮮戦の激闘を振り返ってくれた藤野。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 パリ五輪のアジア最終予選、サウジアラビアでの北朝鮮戦をスコアレスドローで乗り切ったなでしこジャパンは続くホームゲームを2-1で制して本大会出場を決めた。

 ひとつ課題に映ったのは藤野あおばのゴールで2-0となった77分以降の試合運びだ。81分に隙を突かれて1点を返され、厳しい戦いを余儀なくされたからである。

 実際、なでしこジャパンの一員としてスタメン出場した藤野は1点差にされてからの時間帯について次のように語っている。

「ものすごくしんどかった。身体的にも。なんていうか、疲労がどっと出たというか、でも走らなきゃいけないし…。少しの気の緩みが失点に繋がるのは今までサッカーをやってきて感じているので、もう無我夢中でしたね」
 
 ピッチの外からは分からない、“北朝鮮戦の知られざる真実”と言えるだろう。追い込まれていたからこそ、2-1のまま終了のホイッスルを聞いたとき、藤野は「嬉しかったというよりも、ホッとしました」。

「終わって、周りを見た時に(熊谷)紗希さんなんかが涙を流して喜んでいたりして。(その姿を見て)改めて女子サッカーの分岐点となる試合、重要なゲームだったということを感じました。だから、なおさら嬉しかったです」

 この経験が、藤野を成長させるファクターになるのは間違いない。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【記事】「日本では経験できない」アメリカ遠征中のなでしこJと交流で現地ファンが喜び! 杉田妃和も感謝「特別で大事な存在」
【関連記事】
「マジで自分が一番幸せだった」なでしこジャパンの藤野あおばが「サッカーって本当に楽しいな」と思った瞬間とは?
「長谷川唯、長野風花が抑えられた時の秘策はあるのか」その直球質問に対し、なでしこジャパン・池田太監督の反応は?
「やりにくい相手だと思ってくれるのか」パリ五輪スペインとの初戦の捉え方は?【なでしこジャパン池田監督の独占告白】
金メダル宣言の根拠はどこに? 左のシャドー、左のウイングバック…北朝鮮戦では看過できない問題が複数あった【なでしこジャパン/コラム】
なでしこ長谷川唯が強敵揃いの『SheBelieves Cup』で試したいことは?「試合の中でも考えられる力を...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ