• トップ
  • ニュース一覧
  • 「マジで自分が一番幸せだった」なでしこジャパンの藤野あおばが「サッカーって本当に楽しいな」と思った瞬間とは?

「マジで自分が一番幸せだった」なでしこジャパンの藤野あおばが「サッカーって本当に楽しいな」と思った瞬間とは?

カテゴリ:女子サッカー

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2024年04月08日

素直に「最高だった」

インタビュー取材に応じてくれた藤野。写真:塚本侃太(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 なでしこジャパンがパリ五輪出場を懸けた北朝鮮とのホームゲームで2-1と競り勝ったのは記憶に新しいだろう。その試合で決勝ゴールを決めたのは20歳のアタッカー、藤野あおばだった。  

 1-0で迎えた77分、清水梨紗のクロスに素早く反応してプロキャリアで初めてというヘディングシュートを叩き込んだ。藤野は、このゴールを次のように回顧する。

「(自分の後ろに清家)貴子さんがいるのは見えていましたが、自分のほうが前を向いていて、点も取りたいし、積極的に触りに行きました」

 打った瞬間に決まったと分かる会心のゴールだった。

「ヘッドした時にキーパーの位置も見えていて、逆を取れたのも分かっていたので、入ったと思って、すでに走っていました(笑)」
 
 痺れる試合でゴールを奪うことができて、素直に「最高だった」と藤野は思ったという。

「たくさんのサポーターが来てくれた中で点を決めることができて、あの瞬間、マジで自分が一番幸せだった。サッカーって本当に楽しいなとも思いました(笑)」

 国際舞台、しかも大観衆の前で貴重なゴールを挙げる。なかなか体験できるものではない。「自分のゴールでたくさんの人が喜んでくれるなんて」と藤野は改めて喜びを噛み締めていた。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【記事】「日本では経験できない」アメリカ遠征中のなでしこJと交流で現地ファンが喜び! 杉田妃和も感謝「特別で大事な存在」
【関連記事】
「長谷川唯、長野風花が抑えられた時の秘策はあるのか」その直球質問に対し、なでしこジャパン・池田太監督の反応は?
「やりにくい相手だと思ってくれるのか」パリ五輪スペインとの初戦の捉え方は?【なでしこジャパン池田監督の独占告白】
金メダル宣言の根拠はどこに? 左のシャドー、左のウイングバック…北朝鮮戦では看過できない問題が複数あった【なでしこジャパン/コラム】
アンカー熊谷の起用意図は? なでしこジャパンの池田監督に直球質問
なでしこ長谷川唯が強敵揃いの『SheBelieves Cup』で試したいことは?「試合の中でも考えられる力を...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ