【バルサ番記者のクラシコ展望】万全とは言い切れないバルサに潜む危険とは――

カテゴリ:メガクラブ

ルイス・フェルナンド・ロホ

2016年03月31日

クラシコに全力を注げば3日後のCLに悪影響が。

バルセロナ対レアル・マドリーの予想布陣。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

マドリー戦の3日後にCLのアトレティコ戦(準々決勝)を控えるバルサ。L・エンリケ監督はどのような布陣でクラシコに臨むのか。(C)Getty Images

画像を見る

 首位に立つバルセロナと3位のレアル・マドリー。30節を終えた時点での勝点差は10にまで開いた。今シーズンのリーガ・エスパニョーラを制すのは、バルサでまず間違いない。

 いまのバルサが終盤戦で勝点を大幅に獲り逃し、9ポイント差で2位につけるアトレティコ・マドリーや3位のマドリーに逆転を許すとは、正直考えにくい。

 サンチャゴ・ベルナベウ(マドリーのホームスタジアム)でのクラシコで4-0と大勝しているため、少なくともマドリーとの間には“11ポイント”の差が存在すると言っていいだろう。

 しかし、4月2日に開催されるクラシコについては話は別だ。ホームのバルサが優位なのは間違いないが、彼らには不安要素もある。

 バルサに潜む危険――。最大の懸念はスケジュールだ。バルサはクラシコの3日後(4月5日)に、チャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝のアトレティコ戦を控えている。リーガのタイトルをほぼ手中にしたいま、重要度ではCLが上。この点を、指揮官のルイス・エンリケがどう考慮するか。

 クラシコに全力を注げば、3日後のゲームに悪影響が出ないとは言い切れない。選手がクラシコで受ける疲労は尋常ではない。そこには肉体面だけでなく、さまざまな重圧による精神面での疲れも加わってくる。中2日で完全に回復することは、おそらく不可能だろう。

 ちなみにマドリーも翌週にCLを控えているが、水曜日開催とバルサより1日余裕があり、しかも相手は、明らかに格下のヴォルフスブルク。難敵アトレティコとの一戦を控えるバルサとは状況がまるで違う。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ