• トップ
  • ニュース一覧
  • 【W杯南米予選】「MSN」対決の第1ラウンドはスアレスに軍配! 対照的だった試合後の両雄の表情と言葉

【W杯南米予選】「MSN」対決の第1ラウンドはスアレスに軍配! 対照的だった試合後の両雄の表情と言葉

カテゴリ:国際大会

沢田啓明

2016年03月26日

アシストを記録も無得点のネイマール、粘って決めたスアレス。

誰もが注目したネイマールとスアレスの対決。共に有する決定力を活かしたのは後者だった。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 2014年ワールドカップのイタリア戦で、ジョルジョ・キエッリーニの左肩に噛みついてFIFAから代表公式戦9試合出場停止の処分を受けていたウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、3月25日、実に1年9か月ぶりに代表の公式戦のピッチに戻ってきた。
 
 舞台は、ブラジル北東部レシフェで行なわれた2018年ロシア・ワールドカップ南米予選のブラジル戦。バルセロナで無敵の南米トリオ「MSN」を形成するネイマールとの初対決とあって、さらにこの一戦は大きな注目を集めた。
 
 それぞれのチームのキャプテンを務めたふたりは試合前、コイントスの際に抱き合って言葉を交わし、互いの健闘を誓い合った。
 
 ネイマールは3トップの左サイドから中央にかけてのエリアで、スアレスはエディンソン・カバーニと組む2トップの一角としてプレー。共にファウルまがいの厳しいマークを受けながら、チームの勝利のために死力を尽くした。
 
 前半、よりチームに貢献したのはネイマールだ。7分、左サイドで右SBダニエウ・アウベスからパスを受けると、内側へ回り込んで鋭いシュートを右足で放ったが、揺すったのはサイドネットの外側だった。
 
 しかし26分には、チームの2点目を演出する。中盤で巧みなドリブルでスペースを作り、右サイドへ鋭いスルーパス。これを受けたMFレナト・アウグストは、GKをかわしてシュートを叩き込んだ。
 
 ネイマールは33分にも果敢にミドルシュートを放ったが、これは右ポストをわずかに外れた。
 
 一方のスアレスは前半、厳しいマークを受けてほとんど仕事をさせてもらえなかったが、48分にようやく、本領を発揮する。
 
 左サイドでのスルーパスでブラジルの最終ラインを抜け出すと、CBダビド・ルイスのマークをかいくぐり、強靭な下半身で踏ん張りながら、左足でファーサイドへ送り込んだ。貴重な同点ゴールだった。
 
 その後も、身体を張ってチャンスを作り続けたスアレスは、87分に絶妙のFKを放ったが、惜しくも外れた。
 
 試合は2‐2で終了したが、スアレスが笑顔でネイマールの肩を抱いたのに対し、ネイマールは苦笑いだったのが、この一戦における両者のプレー内容を如実に物語っていた。

徹底的なマークを受けながらも、スアレスは持ち前の巧さ、強さ、読みの良さでチャンスをモノにし、チームに結果をもたらした。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

【関連記事】
【中村憲剛の欧州サッカー観戦記】バイエルン対ユーベの「戦術合戦」に驚嘆! ベスト8以降のCLはシメオネら各チームの「監督力」に注目だ!
【オランダ代表 2-3 フランス代表|採点&寸評】フランス、内容の伴った価値ある勝利! 殊勲者マテュイディは攻守に縦横無尽の活躍
【サッカーダイジェストの視点|アフガニスタン戦】シンガポール戦が頭をよぎった“嫌な雰囲気の正体”
【リーガ現地コラム】バルサの「MSN」は自らの年間最多得点記録を超えられるか?
バルサ番記者が炙り出す――「新生ネイマール」を生んだ3大ポイント
【独占インタビュー】バルサのバルトメウ会長がクラブの近未来像とスアレス獲得秘話を語る
【W杯南米予選4節】ブラジルが快勝! アルゼンチンもようやく初勝利!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ