• トップ
  • ニュース一覧
  • 【マドリー番記者のクラシコ展望】モチベーションとコンディショニングで勝る白い巨人に分が

【マドリー番記者のクラシコ展望】モチベーションとコンディショニングで勝る白い巨人に分が

カテゴリ:連載・コラム

パブロ・ポロ

2016年03月31日

バルサは主力の数人をベンチに座らせる。

バルセロナ対レアル・マドリーの予想布陣。(C)サッカーダイジェストWEB

画像を見る

C・ロナウド(右)やベイルの長所を巧みに活かしつつ自らも輝けるベンゼマ(中央)。ベストコンディションとも言えるこのCFの出来が鍵を握る。 (C)Getty Images

画像を見る

 世間の大方の予想に反して、わたしは今回のクラシコはレアル・マドリーが優位だと考えている。

 その最大の理由は選手のメンタルにある。

 マドリーの選手たちには、本拠地サンチャゴ・ベルナベウで0-4と大敗した前回のクラシコのリベンジという、強烈なモチベーションが宿っているからだ。

 昨年11月のクラシコ終了後、ベルナベウは異様な雰囲気に包まれた。多くのファンが白いハンカチを振ってはフロレンティーノ・ペレス会長とラファエル・ベニテス監督(当時)の解任を訴えたのだ。

 選手たちも大きな精神的ショックを受けた。当然だろう。あのような惨敗は、このクラブで長くプレーしたとしても、(幸運と言うべきか)なかなか経験する機会は巡ってこない。

 一方のバルセロナの選手にとって、今回の対戦はそれほど重要ではない。仮に負けたとしても、リーガ・エスパニョーラの優勝はほぼ間違いない状況だからだ。0-4に匹敵するほどの大敗を喫しない限り、彼らが失望するようなことはない。

 もちろん、バルサ側には亡くなったヨハン・クライフへのオマージュという、静かなモチベーションはある。

 悔しさと怒りのマドリー。対するは悲しみと感謝のバルサ――。

 両チームの選手は対照的な闘志を抱えているが、モチベーションで勝るのはマドリーのほうだ。

 コンディショニングの面でもマドリーに分がある。

 リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールのトリデンテは木曜日(3月31日)までチーム練習に合流できない。ワールドカップ南米予選の2試合を戦い長距離移動。木曜、金曜の2日間の練習をこなし、クラシコに挑む。そんなスケジュールを強いられる。

 バルサは主力の数人をベンチに座らせると、わたしは見ている。ルイス・エンリケ監督の頭にあるのは、クラシコよりもその3日後に行なわれるチャンピオンズ・リーグ準々決勝(アトレティコ・マドリー戦)のほうだからだ。

 それにマドリーにはひとり、絶好調の選手がいる。
【関連記事】
【バルサ番記者のクラシコ展望】万全とは言い切れないバルサに潜む危険とは――
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「昨シーズンとのデータ比較で分かる現在の本田の凄さ」
【スペイン代表】熾烈さを増す23人枠を巡るサバイバル。注目はベテランFWアドゥリスの充実ぶりが光る「9番争い」だ
【ドイツ代表 4-1 イタリア代表|採点&寸評】世界王者が仇敵に21年ぶりの勝利! ゴールを挙げたゲッツェは総合的に見ると……
【イングランド代表 1-2 オランダ代表|採点&寸評】多くの収穫を得たイングランド!逆転勝利のオランダは若手が躍動

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ