• トップ
  • ニュース一覧
  • 斬新な指導スタイルで急成長! 波瀾万丈キャリアを歩んだ元Jリーガーが埼玉中学サッカー界で名を馳せるまで

斬新な指導スタイルで急成長! 波瀾万丈キャリアを歩んだ元Jリーガーが埼玉中学サッカー界で名を馳せるまで

カテゴリ:高校・ユース・その他

河野 正

2024年03月14日

“夢先生”の経験を活かして“自分発信”を重視

聖望学園中学を率いる生方監督。創部2年目で埼玉新人戦を制する快挙を成し遂げた。写真:河野正

画像を見る

 聖望学園中学サッカー部が、創部2年目で昨秋の埼玉県新人大会を制した。指導するのはアルビレックス新潟とザスパ草津(現ザスパ群馬)でプレーした元Jリーガーの生方繁監督。引退後は草津とSC相模原の下部組織で監督やコーチを13年務めるなど、育成年代に長く携わってきたこの道の中堅指導者である。

 遍歴と曲折を重ねてここまでたどり着いた。

 東京・国士舘高校から国士舘大学体育学部への推薦入学に失敗したうえ、一般受験でも不合格。そこで留学生制度を利用して1997年にイタリアへ渡り、当時5部のサンジュステーゼとサンベニーニョに2シーズン在籍した。3年目はJリーグでプレーしたくて強豪クラブからの誘いを断り、日本へ戻ってきたのだが......。

 柏レイソルや横浜マリノス、セレッソ大阪など6チームの選考会に挑んでは落ち続けた。それでも夢は捨てない。新潟のアップルスポーツカレッジ(現JAPANサッカーカレッジ)で認めてもらえば、提携するJ2新潟へ進める可能性があると聞いた。「挑戦というか、プロへの道を切り開くには、もうそれしかなかったんですよ」と回想する。

 1回戦で徳山大(山口)に敗れたが、MFの主力として2000年度の第80回天皇杯に新潟県代表で初出場。首尾よく新潟に引き上げてもらい、01年に夢を実現させた。しかしリーグ戦は2試合にベンチ入りしただけで出番はなし。第81回天皇杯でマインドハウスTC(三重)との1回戦に途中出場したのが、Jリーガーとして唯一の戦歴であった。

 02年に群馬県リーグ1部の草津へ移籍し04年までプレー。「最終シーズンは昇格したJFLで3位、天皇杯も8強とチームは好調だったのに、自分は2試合しか出られず燃焼し切れなかった」とし、九州リーグのロッソ熊本(現ロアッソ熊本)のセレクションに臨んだが吉報は届かず、引退の腹を固めた。

 この選考会を前に草津からアカデミーのコーチ就任を打診されたが、現役にこだわって固辞していた。

 身の振り方を思案するなか、行く末を案じた草津の監督だった奥野僚右から連絡が入った。一度断っているので自分から草津には頼めないとの旨を伝えると、奥野は「必要だから誘われたんじゃないか」と言って取り次いでくれたのだ。生方の人柄とサッカーへの情熱がそうさせた。
 
 05年から草津の育成組織で指導者に転身。赤堀ジュニアユースの初代監督を皮切りに、草津U-18コーチやU-15監督、アカデミーダイレクター補佐などを13年まで歴任し、14年から17年まで相模原ジュニアユースでコーチを務めた。

 14年4月からはコーチ業と並行し、日本サッカー協会「こころのプロジェクト」の一環である東日本大震災復興支援に携わり、21年3月まで“夢先生”として活動。鹿島アントラーズなどで活躍した金古聖司とはここで知り合って懇意になり、聖望学園中が監督を探している情報を教えてもらった。21年4月から学園の事務職員となり、1年後に創設するサッカー部の準備に取り掛かる。

 草津と相模原では主に中学生と向き合ってきたが、この13年間で最も学び、現在の指導に活かされているのが、子どもたちに主体性を持たせることの重要性だという。

「聖望に来てから試合ではスパイクを履かずにトレーニングシューズなんです。スパイクだと『俺も一緒に戦うぞ。選手に高みを見せてあげるんだ』ってのめり込んで彼らから主体性を奪い、ベンチをうかがいながらプレーする回数が増えちゃうんじゃないかと思いましてね。トレーニングシュートなら力も抜けて自分を制御できるんです(笑)」

“夢先生”に従事してから、さらにこの考えが強くなったそうだ。

 何の興味も示さない子どもに、関心を抱かせるのが生方の重要な任務のひとつだった。「自分で考えて発信し、それをもとに行動することは何をするにしても大切だと感じた」とうなずきながら力説する。
【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「 Jリーグ歴代ベスト11」を一挙公開!
【関連記事】
浦和レッズでプロになった“早熟の天才”。28歳で現役を引退してからクラブ代表として辣腕を振るうまで
日本国籍放棄→香港代表でもプレーした“流転のサムライ”が歩んだ波瀾万丈なサッカー人生。「チーム数は鈴木隆行さんくらい多い」
浦和レッズひと筋の男、山田暢久が引退後に歩んだ紆余曲折。現在は熱き指導者として奮戦中「進路も一緒に考えないといけない」
「未練がましいだけですよ」44歳にして現役を続ける“浦和レッズの元9番”永井雄一郎は爽やかに笑った「もっと巧くなりたい欲がある」
憧れた小野伸二、新卒開幕戦デビュー、24歳での引退、脱サラ…元浦和レッズ戦士、池田“ロボ”学が歩んだ波乱万丈の半生

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ