【川崎】大久保嘉人を蘇らせた”風間再生工場”で、怪童・森本貴幸は復活できるのか?

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2016年03月12日

ゴール前で「シュートだけだった」選択肢にパスが加わりつつある。

ホーム開幕の湘南戦で貴重な同点弾。森本(9番)はトレーニングや試合をこなすごとに、チームにフィットしてきている。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 3月5日に行なわれたJ1・2節の湘南戦で、森本貴幸が移籍後初ゴールを決めた。後半アディショナルタイムに決まったこのゴールは、敗色濃厚のチームに勝点1を引き寄せ、さらには逆転ゴールまで生み出しそうな勢いをもたらした。

 敵地で昨季王者の広島を下した開幕戦でも、中野嘉大からのクロスに対しニアに飛び込むことで、小林悠の決勝ゴールを間接的にアシスト。深掘りすれば勝点4に関わっているとも言える。まさにストライカー然とした働きぶりだ。

 その森本を取材して特に感じたのが、本能のままにプレーしているということ。ゴールという結果に猪突猛進する姿勢自体は悪いものではない。森本はストライカーなのだから、好ましい姿勢でもある。

 ただし森本の場合、そればかりになって視野が狭まり、過剰な力が入っているように見えた。また特長のひとつだと言われている裏に抜け出す動きを狙いすぎ、沖縄での練習試合ではオフサイドを連発していた。

 そんな森本が変わりつつある。ゴール前で「シュートだけだった」選択肢にパスが加わりつつあるという。

 2013年、2014年シーズンに千葉でともにプレーした大塚翔平は、川崎と千葉のサッカーの違いがベースにあるのではないかと話しつつ、「川崎のサッカーを吸収しようという感じはします」。さらに、「ボールを足下で引き出して、そこで落としてまた動き出すという動きは増えているように思います」と話す。

 また、動き出した後のプレーは千葉時代からあまり変わっていないとも言うが、「サテライトの仙台戦の(大塚が決めた)1点目のシーンなどは、(森本が)シュートを打つかなと思ってたらパスが来てぼくが一番びっくりしました」と驚いていた。
 
【関連記事】
【J1展望】1stステージ・3節|川崎 – 名古屋|開幕2試合で3ゴールの小林が好調。名古屋は田口が大事を取ってベンチスタートか
【日本代表】“絶好調男”小林が生き残りへ猛アピール。ハリルジャパンのやり方は川崎に似ている? 「ミーティングの長さも気になりませんでした」
【J1】川崎×湘南戦で気になった「残念な判定」。審判部は”誤審”がある事実を認め、説明の場を設けてもいいのでは?
ELトッテナム戦で終盤投入だった香川真司「ライバルに負けないようにアピールしたい。勝ち抜くしかない」
【セルジオ越後の天国と地獄】原氏のJリーグ入りには一抹の不安を感じるよ
【なでしこ採点&寸評】予選5試合での全20選手の評価は? 最高点は「6.25」の岩渕。失点を重ねた守備陣は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ