【J1】川崎×湘南戦で気になった「残念な判定」。審判部は”誤審”がある事実を認め、説明の場を設けてもいいのでは?

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2016年03月06日

GKチョン・ソンリョンは「あんなゴールは初めてです」と肩を落とした。

川崎対湘南は激しい競り合いが随所に見られる好ゲームだっただけに、20分の"あの判定"だけが残念だった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 川崎が湘南を迎えた第1ステージ・2節は、4−4と激しい点の取り合いとなった。
 
 立ち上がりから厳しいぶつかり合いが随所で見られたが、過剰に笛が吹かれることはなかった。1対1で激しいプレーが続いても試合が流れることで、サッカーの醍醐味が感じられる内容だった。そうした試合を演出した高山啓義主審の判定基準には、敬意を表したい。
 
 ただ、ひとつ残念な判定を指摘したい。川崎が1点をリードした後の20分のプレーだ。湘南の1点目となったこの場面の判定は、疑問符をつけざるを得ないものだった。
 
 高山薫のクロスをキャッチしようとしたGKチョン・ソンリョンに対し、キリノが勢いをつけて飛び込む。遠目から見てもGKに激しくぶつかっており、その反動でゴールが決まったように見えた。だから、ファウルがコールされると思ったのだが、高山主審はゴールを認定し、川崎の選手たちは、しばし抗議した。
 
 チョン・ソンリョンは「あんなゴールは初めてです」と肩を落とす。ただ、必要以上に高山主審を責めることはなかった。「本当に仕方がないですね。審判が見きれなかった面があるのかなと。悔しいですが、ああいう状況もあるので準備するしかないと思います」と気持ちを切り替えようとしていた。
 
 すでに下された判定は、後から選手が抗議したところで覆らない。だから、あえて”外野”の立場から言わせてもらうが、『あれがファールにならないなら、サッカーは違う競技になってしまう』。
 
 GKが落下点に入り、先にボールを掴んでいた。そこに勢いをつけて飛び込んできたキリノは、結局ボールに触っていないと判断され、公式記録はオウンゴールとされた。モノ言わぬ記録員の最大限の抗議にも思えた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ