現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「なぜ実戦復帰が遅れているのか?」

カテゴリ:連載・コラム

ラインハルト・レーベルク

2016年03月08日

気になっていた“親知らず”を

当初の予定より復帰が遅れるものの、リハビリメニューは順調に消化。その真摯な姿勢を指揮官は高く評価している。(C)Getty Images

画像を見る

 武藤嘉紀のチーム練習への合流は、3月20日から4月3日の国際Aマッチ・ウイークまでずれ込みそうだ。2月6日(ブンデスリーガ20節)のハノーファー戦で右膝の外側靭帯を損傷し、練習復帰までおよそ4週間、実戦復帰までは7~8週間を要すると診断された。武藤はそこに向けてリハビリメニューを精力的にこなしてきたが、再検査の結果、当初の予定よりも完治に時間がかかるとされたのだ。

 マルティン・シュミット監督は「少し残念な報せになったね。私たちはヨッチ(武藤の愛称)を必要としているし、代表ウイークがはじまる前に戻って来てくれると信じているよ」と語った。

 とはいえ、リハビリ自体は順調だ。すでにランニングマシンを使っており、持久力を鍛えているほか、筋力や体幹のトレーニングにも取り組んでいる。毎日5~6時間、ブルフベーク・シュタディオン(昔のホームスタジアムで現在は練習場)や新しくできたリハビリセンターで、アスレチックトレーナーのアクセル・ブーゼンケルの指導の下、特別メニューを消化。そして今週は、以前から気になっていた親知らずも抜く予定だという。

「親知らずを抜いたら3~4日は休養が必要のようだね。いずれにせよいまはプレーできないから、本人と話したうえで、手術すると決めたんだ」と、シュミット監督は説明する。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ