【ブンデス現地コラム】いまだ最下位に沈むハノーファー。清武と山口の中盤を軸に、ブレーメンとの“裏天王山”をモノにできるか?

カテゴリ:連載・コラム

中野吉之伴

2016年03月04日

新機軸の4-2-2-2は機能。ショートパス主体の崩しが可能に。

ヴォルフブルク戦で0-4の大敗を喫したハノーファー。1部残留に向けて、厳しい戦いが続いている。(C)Getty Images

画像を見る

 サッカーというスポーツはときに不条理だ。主導権を握られながらもワンチャンスを活かして勝利をもぎ取ることもあれば、圧倒的に攻め込んでいても一瞬の隙を突かれて敗れることもある。その“明と暗”を直近の2試合で味わったのが、ハノーファーだ。

 2月27日のシュツットガルト(ブンデスリーガ23節)で2-1で勝利したハノーファーは15節から続いていた連敗を「8」で止め、1部残留に向けて何とか望みをつないだ。2得点を挙げた主将のDFクリスティアン・シュルツは「やっとうまくいった。僕らはまだ生きているよ!」と喜びを爆発させたが、それはそうだろう。勝てないばかりか、このシュツットガルト戦まで4試合連続ノーゴールと、ポジティブな要素はほぼ皆無だったのだから。

 昨年12月からチームを率いるトーマス・シャーフ監督は、このシュツットガルト戦で賭けに出た。前節のアウクスブルク戦からスタメンを6人入れ替え、システムも4-1-4-1から4-2-2-2に変更した。4バックの前に山口蛍とアンドレ・ホフマンのダブルボランチを並べ、その前方には先発に復帰した清武弘嗣と1月に加入したイベル・フォッスムという2人のトップ下を配置。FWには走力に長けたケナン・カラマンとマリウス・ヴォルフを起用した。

 システム変更の効果はあった。これまで孤立しがちだった清武は、高い技術を誇るフォッスムというパートナーを得たことで、明らかにプレーの選択肢が増えている。また、タイミングよくパスを供給する山口の存在も大きく、清武を中心としたショートパス主体の崩しが可能になった。

 結果的に敵陣深くまで攻め込むシーンが多くなり、好位置でのセットプレーの機会も増加。シュツットガルト戦での2ゴール――いずれも清武のFKにシュルツが合せた――は、決して偶然生まれたものではなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ