【柏】ハリルホジッチに似ている? 開幕戦で垣間見えた“メンデス流”とは……

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2016年02月29日

日本代表と同じ4-2-3-1を採用。戦術にも共通点が。

浦和戦でも、伊東の右SBへのコンバートはスピーディな攻撃という点で言えば一定の成果を上げており、大きな武器となる可能性を感じさせた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 浦和をホームに迎えた開幕戦は、終盤にセットプレーから失点するなど、難敵を相手に苦戦を強いられ惜しくも敗れた。しかし、この試合で、これまでベールに包まれていたメンデス流は、不透明な部分を残しながらも、その輪郭を少し垣間見せた。そこには、日本代表監督のハリルホジッチ監督と共通する戦略が感じられた。

【マッチレポート】 1st ステージ・1節 柏 1-2 浦和

【J1 PHOTO ハイライト】1st ステージ・1節 柏 1-2 浦和


 ハリルホジッチ代表監督の就任以降、日本では“縦に速い攻撃”という言葉が頻繁に使われるようになった。サイドハーフにテクニカルな選手を配置し、スピードのあるSBがそれに絡み、スピーディな攻撃を展開していく。実際に世界でもポゼッションサッカーに対抗する手段として、トレンドとなっている。
 
 メンデス監督も就任会見で、「できるだけ早く相手陣内にボールを運ぶ」ことを示唆。浦和戦では、大津やエデルソンが孤立し、個人での突破を強いられた。しかし、機会は少なかったとは言え、SBが攻撃参加をした時はサイドを手早く攻略し、チャンスを演出する場面も見られた。
 
 ハリルホジッチ監督が原口元気(現ヘルタ・ベルリン)をSBで起用したように、柏のメンデス監督もアタッカーの伊東をSBにコンバートした。スクランブル状態でのトライだった前者と、本格的なコンバートである後者に違いはあるにせよ、両監督の意図は同じだ。よりスピーディなサイド攻撃で相手陣内にボールを運ぶという狙いである。
 
 柏のケースに限って言えば、その起用は一定の成果を上げている。伊東は幾度も鋭い突破を見せ、35分にはエデルソンとの連係で中に切り込み、左足で浦和ゴールを強襲した。こうしたプレーは、大きな武器となる可能性を感じさせた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ