【J1順位予想|識者編①】重鎮4人が「G大阪」「浦和」を本命に。対抗は金崎"復帰"の「鹿島」か

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年02月27日

「吉田新監督を迎えた新潟は、上位に食い込む可能性も」(田村氏)

高い理想を掲げる吉田新監督の戦術が機能すれば、新潟が「上位に絡む可能性もある」と田村氏は言う。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 いよいよ2月27日にJリーグのレギュラーシーズンが幕を開ける。果たして、今季の優勝候補や降格候補はどこなのか。解説者・識者が、今季のJ1年間順位を大胆に予想する。
 
――◆――◆――◆――

●後藤健生(サッカージャーナリスト)
「G大阪の複数タイトル獲得は間違いない」
 課題だった2列目に藤本、アデミウソンを補強したG大阪の戦力アップは確実。新スタジアム効果もあり、複数タイトル獲得は間違いないだろう。昨季優勝の広島はドウグラスの穴をP・ウタカで埋められるか。浦和、FC東京を含め4チームでの優勝争いを予想する。
 
◆順位予想
1位 G大阪
2位 浦和
3位 広島
―↑ACL圏内―
4位 FC東京
5位 鹿島
6位 仙台
7位 川崎
8位 鳥栖
9位 湘南
10位 大宮
11位 神戸
12位 横浜
13位 柏
14位 磐田
15位 新潟
―↓J2降格圏―
16位 名古屋
17位 福岡
18位 甲府


●加部 究(スポーツライター)
「旋風を巻き起こすなら戦力維持に成功した磐田か」
 際立った仕掛けも乏しく、昨年と大きな序列の変化は起こりそうもない。上半分が優勝を争い、下半分は降格のリスクを抱える。勝ち切る力ではG大阪だが年間を通して戦力が保てるかが未知数。総合力で浦和に分か。旋風を巻き起こすなら戦力維持に成功した磐田か。
 
順位予想
1位 浦和
2位 G大阪
3位 FC東京
―↑ACL圏内―
4位 広島
5位 川崎
6位 鹿島
7位 磐田
8位 横浜
9位 湘南
10位 新潟
11位 名古屋
12位 大宮
13位 鳥栖
14位 柏
15位 仙台
―↓J2降格圏―
16位 福岡
17位 甲府
18位 神戸
 
●田村修一(フットボールアナリスト)
「吉田新監督を迎えた新潟は、上位に食い込む可能性も」
 上位は固定化しそう。そのなかでの順位変動だが、浦和は優勝のための最後のピースを補強。鹿島にはACLを戦わない有利さがある。11位にしたが、吉田新監督を迎えた新潟は、上位に食い込む可能性も。下位陣は混沌。というか、よく分からないというのが実情だ。
 
順位予想
1位 浦和
2位 鹿島
3位 G大阪
―↑ACL圏内―
4位 広島
5位 FC東京
6位 川崎
7位 神戸
8位 湘南
9位 鳥栖
10位 横浜
11位 新潟
12位 仙台
13位 大宮
14位 名古屋
15位 福岡
―↓J2降格圏―
16位 柏
17位 磐田
18位 甲府

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ