• トップ
  • ニュース一覧
  • 「前半から点を取りに行く」J3降格に崖っぷちの大宮、18歳DF市原吏音が清水戦に意気込み! マッチアップしたいのは?「サンタナ選手は楽しみですけど...」

「前半から点を取りに行く」J3降格に崖っぷちの大宮、18歳DF市原吏音が清水戦に意気込み! マッチアップしたいのは?「サンタナ選手は楽しみですけど...」

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年11月01日

甲府戦の2失点目は岡庭との「意図が合わなかった」

市原は甲府に敗れた一戦を悔しがった。写真:福冨倖希

画像を見る

 大宮アルディージャは、10月29日に行なわれたJ2第40節のヴァンフォーレ甲府戦で0-2の敗戦。連勝が4で止まり、クラブ初のJ3降格に、崖っぷちの状況に追い込まれた。

 0-1で迎えた78分、甲府の三浦颯太のクロスに反応した中村亮太朗に追加点を決められた場面で、スコアラーの最も近くにいたのが18歳のDF市原吏音だった。折り返しの際に中村に背後をとられ、シュートを許した。

 試合後に取材に応じた市原は、この場面を説明。三浦についていたDF岡庭愁人との連係不足を反省した

「(クロスが)岡くんの股下を通ってきました。自分としては、ニアは岡くんが確実に消せていたので、マイナスのところをケアしようとしましたが、岡くんはコーナーキックにならないようにジャンプしたら股下を通されて、お互いの意図が合わなかったです。もっと突き詰めてないといけないです」

 74分に先制を許してから、“連続失点”だった。18歳DFは「失点しても、ピッチ内で『落ちついてやろう』と話していました。そうはいっても、どこかで焦りが出てしまいました」と悔しがった。
 
 4連勝中だったチームは、前半は優勢に進めていたが、痛恨の黒星。市原は次のように振り返った。

「前半は、ほぼパーフェクトな試合ができていたと思います。そのなかで、点を取れなかったのに対して、相手は無失点でしっかり抑えて、後半に臨めた。精神的な部分で自分たちに焦りはなかったですけど、どこかで、少しやり切れない感じがありました。

 ハーフタイムに、チームのみんなで『こういう時こそ、もう一度しっかり入ろう』という話をしていたのですが、後半、自分たちが思うようにボールを動かせなくて、失点してしまい、焦りとイージーミスが出て、もったいないゲームだったと思います」

 ただ、自身の出来は悪いものではなかった。相手FWのクリスティアーノや途中出場だったピーター・ウタカとのマッチアップでは、互角以上に渡り合った。その点については、こう語った。

「前半は、特に相手に気持ち良くプレーさせなかったと思いますし、自分自身も、予測ができて、球際で強く行けていたので、自信を持って後半には臨めました。ただ、ウタカは想像していない所に蹴ってくるというか、何と言うのでしょう。当たり損ないが来る感じというか、トラップもミスが流れて、でも、それをスピードでカバーしたり、なかなか普通のプレーとは違い、やりづらかったです」
【関連記事】
「賞の権威を破壊した」松木玖生のアジア最優秀ユース選手受賞を韓国メディアが疑問視。自国逸材の落選に失望「議論の余地がある」
「8回のうち5回しか値しない」「W杯のゴールはほぼPK」メッシのバロンドール受賞を批判した名物記者の投稿にC・ロナウドが反応!「一緒に笑った」
「ペップはクボに照準を合わせている」プレミア王者マンC、“圧倒的”な久保建英獲得に本腰か。「ソシエダに対して攻勢を開始」と現地報道!
「一番良くない結果」大宮の原崎監督が痛恨の敗戦を悔やむ。連勝は4でストップ、J3降格に崖っぷちも「我々は諦めない」
みなぎる自信、頼もしき18歳。大宮DF市原吏音はJ3降格危機にも前を向く!「自分たちが勝てば上のチームはきっと焦る」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ