【J1】開幕直前チェック 神戸編|唯一のPSMでも新システムが機能せず。不安を残すシーズンインに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年02月25日

守備面の強化は急務。期待が持てるのは、前線3人の好連係くらい。

神戸の2016年シーズン基本布陣。この4-3-3が機能しない場合は、昨季に採用した3-4-2-1を併用していくことになるだろう。

画像を見る

【プレシーズンを通じての収穫と課題は】

 始動はJ1、J2全クラブを通じて最も遅い1月27日で、こなした対外試合はわずか2試合。それも2月13日の鳥取とのトレーニングマッチは非公開で、新シーズンの“ネルシーニョ神戸”を判断する材料は、2月21日のプレシーズンマッチの岐阜戦と、沖縄キャンプなどを通じたトレーニングの内容しかない。
 
 トレーニングで力を入れたのは守備面の強化だ。昨季はリーグ戦で無失点はわずか5試合と、脆弱さを見せたウィークポイントの改善に時間を割いた。しかし、岐阜戦は1-0で勝利したものの、チャンス数で上回られるなど、守備陣は安定したパフォーマンスを見せられず。新システムの4-3-3も機能したとは言い難かった。
 
 一方で、岐阜戦で収穫と言えたのはゴールを挙げた渡邉と、昨季はグロインペイン症候群でシーズンの大半を棒に振ったP・ジュニオールが状態の良さを見せた点だ。攻撃面ではレアンドロを含めたこの3人が好連係を披露し、開幕戦へ希望を感じさせた。
【関連記事】
【韓国メディアの視点】タレント不足のU-23韓国代表。オーバーエイジ候補には、ソン・フンミンやパク・チュホの名も
【Jリーグ勢力図】都道府県別 選手数ランキング|“王国”静岡は6位、最多6クラブを抱える神奈川、育成年代も強い大阪、埼玉、千葉は何位?
【J1】開幕直前チェック 湘南編|究極の攻撃サッカーでリーグを席巻したい
【J1】開幕直前チェック 横浜編|“アデミウソン・ロス”に陥るチームを齋藤学が救えるか?
【J1】開幕直前チェック 磐田編|攻守に仕掛けるアクションサッカーでJ1に挑む!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ