【J1】開幕直前チェック 磐田編|攻守に仕掛けるアクションサッカーでJ1に挑む!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年02月23日

まずは勝点40が目標。連動した守備が鍵。

磐田の2016年シーズン基本布陣。9名の新戦力を加え、3シーズンぶりのJ1の舞台に挑む。

画像を見る

 いよいよ2月27日に開幕するJ1リーグ。戦いの幕開けを目前に控えた各チームの仕上がり具合はいかなるものか。3シーズンぶりのJ1の舞台に、名波監督が標榜する「アクションサッカー」で挑む磐田の直前情報をお伝えする。
 
――◆――◆
【プレシーズンを通じての収穫と課題は】
 
 ジェイが左足を痛めて別メニューが続いているが、長期離脱者はなく、序盤に体調不良や怪我を抱えた選手のコンディションも上がってきている。始動からここまで、ほぼ全員が充実したトレーニングを積めてきていること自体が、第一の収穫だ。
 
 名波監督は一昨年秋の就任以来、一貫して相手に合わせるのではなく、自分たちから攻守に仕掛ける“アクションサッカー”の構築を目指しており、J1が舞台となる今季も、そのコンセプトは変わらない。
 
 常に意図を共有すること、ピッチ内外でのチームの “和”が鍵となるが、全員でその力を身につけるための練習に取り組めているのは大きい。9人の新戦力が戦術に馴染む上でも、今季のテーマのひとつである若手の力を伸ばし、チームの底上げを図る上でも然りだ。
 
 鹿児島でのニューイヤーカップは3戦全勝。左SBのDF中村太亮やFW齋藤和樹、MF荒木大吾ら新戦力が躍動した。優勝という結果もチームに自信をもたらしたが、チーム全体での目指すサッカー像や戦術の理解、共通意識が少しずつ高まっていることも収穫だ。
 
 特に、昨季に上乗せして鍛えている前線からの連動した守備について、着実に進歩していることに選手たちは手応えを感じている。しかし同時に、さらなる守備の連動性と攻撃のコンビネーションの向上を誰もが課題として挙げる。
 
「90分間実践するにはまだまだ高めないといけない」とゲームキャプテンの上田康太。収穫も課題も、そこにある。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ