• トップ
  • ニュース一覧
  • 「代表辞退でミトマは復活した」王者相手に追撃弾演出の三笘薫をブライトン番記者は称賛!世界最高峰SBとのバトルは「パンチを出し合った」【現地発】

「代表辞退でミトマは復活した」王者相手に追撃弾演出の三笘薫をブライトン番記者は称賛!世界最高峰SBとのバトルは「パンチを出し合った」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リッチー・ミルズ

2023年10月24日

昨季のリーグ王者を相手に粘りを見せた

得点シーンではウォーカー(左)を翻弄した三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 先週21日、敵地エティハド・スタジアムで行われたマンチェスター・シティ戦。前半を0-2で折り返したブライトンは、後半途中から三笘薫を中心にファイトバックを試みた。残念ながら引き分けには持ち込めなかったが、昨季のリーグ王者を相手に粘りを見せた試合だった。

 ディフェンディングチャンピオンは試合開始から20分足らずで2得点を決めた。7分にまずはフリアン・アルバレスが先制点を、さらに同19分にアーリング・ハーランドが追加点を挙げて、一気にブライトンを引き離した。

 その後もシティは得意のパスサッカーで主導権を握り続けて、後半途中までのシーガルズ(ブライトンの愛称)は手も足も出ない状態にあった。しかし試合終了が近づくにつれて、ブライトンの攻勢の時間帯が長くなっていく。

 73分には、三笘の鮮やかなウインガーらしいプレーから、途中出場したアンス・ファティが相手ゴールを強襲。1点を奪い返した。ファイナルホイッスルが吹かれるまで、ブライトンは同点弾を必死に奪おうとし続けた。

【動画】「何が起きたんだ?」と敵サポも脱帽!キレキレドリブルでシティの主将を翻弄した三笘が追撃弾を演出
 終了間際には、シティのディフェンダー、マヌエル・アカンジがこの日2度目のイエローカードを受けて退場処分になるも、最終的には2-1でペップ・グアルディオラ監督率いるチームは3連敗を免れた。一方のブライトンは、これで3試合連続で勝利から遠ざかっている。

 とはいえ、現在のブルース(マンCの愛称)を破るのは簡単なタスクではないことは、重々承知していたのは確か。「フットボール史上最強のチーム」と称する識者がいることからも分かるとおり、彼らの強さは計り知れない。加えてブライトンは1992年以来、アウェーでのシティ戦20連敗中(リーグ&カップ戦合計)。驚くほどに分が悪い相手でもあった。

 先日ブライトンと2027年夏までの4年の契約更新を発表した三笘のプレーに目を移すと、この試合では、現在のサッカー界でもトップクラスの右サイドバックと評されるカイル・ウォーカーとの対峙。33歳のベテランとなったが、いまだにスピードと強靭さは衰え知らず。

 たとえ後手に回った際にもアタッカーにすぐに追いついてボールをリカバリーする動きは、欧州サッカー界、特にプレミアリーグではアイコニックなシーンとなっている。しかしながら三笘は、そんな難敵を相手に試合開始直後にいきなりボールを奪ってドリブル、直後にはファウルをもらっている。
 
【関連記事】
「ミトマがウォーカーをおちょくった」三笘薫がマンC主将をチンチンにした得点シーンに相手サポは嘆き!「ひどい守備だ」「恥を知れ」
「イライラしている」ブライトン指揮官が指摘した三笘薫の課題は?「スペースがある時は世界最高のウインガーの一人だが...」
「ミトマがウォーカーにやりたい放題」英代表の名手を翻弄した三笘薫のキレキレドリブル→追撃弾演出に海外メディアが驚嘆!「日本人が凌駕した」
「ミトマに大苦戦」三笘薫に蹂躙された英代表DFウォーカーに屈辱の最低評価「シティの主将が打ち負かされるのは珍しい」
チームは王者マンCに敗れるも確かなインパクト!稀代の名将ペップが三笘薫を称賛!「ミトマは並外れた選手」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ