• トップ
  • ニュース一覧
  • 日本代表のW杯予選メンバー23人を予想!10月シリーズから7人が選外。最激戦区の2列目は堂安、南野、前田で迷ったが...

日本代表のW杯予選メンバー23人を予想!10月シリーズから7人が選外。最激戦区の2列目は堂安、南野、前田で迷ったが...

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年10月21日

他のポジションとの兼ね合いでボランチは3人

11月シリーズの日本代表予想メンバー。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 来月から2026年ワールドカップのアジア二次予選がスタートする。

 日本代表は、11月16日に大阪でミャンマーと対戦。その後、中立地のサウジアラビア・ジッタへ移動し、現地21日にシリアと相まみえる。

 このW杯予選のベンチ入りは23人になる見込みで、26人を選んできたこれまでの代表活動より枠が少なくなる。その条件で、ベストベンバーを招集すると仮定し、顔ぶれを予想した。

 3人がセオリーのGKは、10月シリーズでスタメンの座を分け合った大迫敬介(サンフレッチェ広島)と鈴木彩艶(シント=トロイデン)は堅い。難しいのが3人目で、クラブで後者に定位置を奪われたシュミット・ダニエルと9月のトルコ戦で負傷して以降、欠場が続いている中村航輔(ポルティモネンセ)は厳しいか。10月シリーズで招集されながら、怪我で離脱した前川黛也(ヴィッセル神戸)が順調に回復すれば、名を連ねそうだ。

 右SBは、二次政権の8試合中6戦に先発している菅原由勢(AZ)は決まり。毎熊晟矢(セレッソ大阪)と橋岡大樹(シント=トロイデン)が争う2番手は、9月からのパフォーマンスと起用法、格下の対戦相手などを考慮すると、攻撃的な前者が入ると見る。

【PHOTO】日本代表のチュニジア戦出場17選手&監督の採点・寸評。2人に“7点”の高評価。MOMは2点に絡んだMF
 抜群の安定感を誇る板倉滉(ボルシアMG)と冨安健洋(アーセナル)のCBコンビはもちろん確定で、バックアッパーはどうなるか。公式戦であればスタメンの固定が考えられるため、谷口彰悟(アル・ラーヤン)の一枚で足りるのではないか。必要であれば、左SBで選んだ伊藤洋輝(シュツットガルト)もプレーできる。

 左SBは、10月シリーズで腰の張りを訴えて離脱したその伊藤と2戦連続で先発した中山雄太(ハダースフィールド)。もし前者のコンディションに不安があれば、CBが本職で左SBもこなせる町田浩樹(ユニオン・サン=ジロワーズ)がセレクトされるだろう。

 ボランチは、遠藤航(リバプール)と守田英正(スポルティング)は鉄板。先のカナダ戦で2ゴールを挙げた田中碧(デュッセルドルフ)も選ばれるだろう。4人目で伊藤敦樹(浦和レッズ)の招集も考えられるが、他のポジションとの兼ね合いで3人とした。
 
【関連記事】
【森保ジャパン26選手の通信簿】カナダ&チュニジアにリベンジ。最高の“S評価”だった3人は?
「日本がやってこなかった部分」なぜ冨安健洋は中国人主審に珍しく抗議したのか。「フラストレーションが溜まっていた」だけではない理由
「ひどい頭痛」日本代表戦の元旦開催にセルティック地元メディアは戦々恐々「日本人トリオがダービーを欠場する可能性」
「一昔前の日本代表が羨ましい」久保建英が森保ジャパンの“厳しさ”に本音。「過去にあまり見ない」
「そもそも来ていない人もいる」有言実行の久保建英、日本代表の“序列”について見解「少しは上がったんじゃないですか」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ