• トップ
  • ニュース一覧
  • 「久保はいろんな位置にいたけど…」絶好調の森保ジャパン。元日本代表がさらなる進化のために“3つの修正すべきポイント”を提示する

「久保はいろんな位置にいたけど…」絶好調の森保ジャパン。元日本代表がさらなる進化のために“3つの修正すべきポイント”を提示する

カテゴリ:日本代表

橋本英郎

2023年10月18日

フィジカル面の“強み”がかなり増してきている

チュニジア戦で全得点に絡んでみせた久保。スペインでも好調を維持している。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ノエビアスタジアム神戸で行なわれたチュニジア戦を2-0で制し、国際Aマッチの連勝を「6」に伸ばした森保ジャパン。11月のワールドカップ・アジア予選、年明け1月のアジアカップに向けて順調な歩みを示しているが、浮き彫りになった課題も少なくない。現地観戦した元日本代表MF、橋本英郎氏が鋭く考察する。
【PHOTO】日本代表のチュニジア戦出場17選手&監督の採点・寸評。2人に“7点”の高評価。MOMは2点に絡んだMF

――◇――◇――◇――

 チュニジア戦でキーになったポイントと、試合からみえてきた課題を私なりに分析しました。勝利を手繰り寄せたポイントはふたつになります。

 まずは「攻撃→守備の切り替えの速さ」。もともと日本が得意としてきたところですが、この切り替えの精度が抜群に上がってきています。昨日の試合ですと、冨安健洋選手、板倉滉選手の両センターバックは自軍ポゼッションの際はあまりプレッシャーを受けることはありませんでした。そうした意味で体力的にも余裕があったのかもしれませんが、前線や中盤で奪われたあとのアクションが非常に速かったです。

 前の選手はボールの周辺にいるのでスムーズに切り替えができていました。加えて、上記のようにボールから離れたセンターバック、サイドバックも狙いを持って連動してプレスを掛けていました。そのため、チュニジアはボールを奪ったあとにパスを繋いで突破を図ろうとしても、最終的には日本のDFラインを崩せませんでした。

 また、中盤の遠藤航選手のフィルターが突破される回数も少なく、チュニジアはボールキープができたとしても素早い攻撃を繰り出せず、自分たちのDFラインでポゼッションするしかありませんでした。

 次に「フィジカル面の成長」を挙げます。日本はこれまで何かとフィジカル面の弱さを指摘されてきましたが、チュニジア戦などではもはや互角、ないしは勝てるシーンが増えていました。チュニジアにボールキープされていてもプレッシャーを常に感じさせ、それだけではなく日本ボールの際も、チュニジアのプレスに対して怖がることなく、身体を使いながらブロックしてポゼッションしていました。
 
 ふたつの得点シーンでもその傾向が顕著でした。1点目のシーンでは、久保建英選手に相手DFがアプローチしてぶつかり取られそうになりました。そこで倒れることなく、逆にDFのプレスの力を利用して前へ進んで行きました。チュニジアのDFはファーストアタックでボールが取れると思っていたはず。彼らが感じている日本人選手のサイズからは、想像がつかないほどのフィジカル(バランス・体幹の強さ)があったということです。

 2点目のシーンでは、久保選手が身体を上手く使って前へのスペースをみつけると、ドリブルのスピード(緩急)で簡単に突破しました。伊東純也選手、三笘薫選手も同じような形での突破が多くみられますが、今回突破したのは久保選手でした。今までは三笘選手や伊東選手くらいが振り切ってドリブルしていた印象でしたが、新たに同じようにドリブルで突破できる選手が出てきたなという印象です。

 それだけではなく、浅野拓磨選手、前田大然選手、昨日ゴールを決めた古橋亨梧選手はいずれも、代表クラスの外国人選手が相手でも振り切れるだけのスピードを有しています。
【関連記事】
「日本がやってこなかった部分」なぜ冨安健洋は中国人主審に珍しく抗議したのか。「フラストレーションが溜まっていた」だけではない理由
【日本2-0チュニジア|採点&寸評】昨年完敗した相手にリベンジ。2人が“7点”の最高評価。迷ったMOMはスコアラーの伊東や古橋ではなく…
「一昔前の日本代表が羨ましい」久保建英が森保ジャパンの“厳しさ”に本音。「過去にあまり見ない」
「なんて役立たずな!」森保ジャパンに完敗を喫したチュニジア代表の“無気力ぶり”に母国メディアが手厳しく糾弾!「韓国戦を超える屈辱だ」
「惚れちまうだろ!」韓国9頭身チアが可憐すぎる“民族衣装”姿でファン悩殺!「清楚な花嫁のようだ…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ