• トップ
  • ニュース一覧
  • 【ブンデス現地コラム】史上最年少となる28歳! ホッフェンハイムの青年監督ナーゲルスマンとは?

【ブンデス現地コラム】史上最年少となる28歳! ホッフェンハイムの青年監督ナーゲルスマンとは?

カテゴリ:連載・コラム

中野吉之伴

2016年02月19日

恩師トゥヘルの助言を受けて指導者の道へ。

ステフェンスの辞任を受けて、ホッフェンハイムの監督に就任したナーゲルスマン。17位に沈むチームを残留に導けるか。(C)Getty Images

画像を見る

 2月11日、ブンデスリーガ史上最年少の監督が誕生した。体調不良を理由に辞任したフーブ・ステフェンスの後を受け、28歳のユリアン・ナーゲルスマンがホッフェンハイムの新たな指揮官となったのだ。このニュースは、ドイツでも大きな注目を集めた。

 現役時代のナーゲルスマンを知る者は、多くないだろう。ブンデスリーガでの出場歴はなく、1860ミュンヘンやアウクスブルクのBチーム(U-23)でプレー。08年に20歳の若さで引退を余儀なくされたのは、度重なる怪我が理由だった。

 そんな不運に見舞われたナーゲルスマンがセカンドキャリアを踏み出すうえでひとつの方向性を示した人物がいる。現ドルトムント監督のトーマス・トゥヘルだ。

 ナーゲルスマンが指導者の道を志したのは、07-08シーズンにアウクスブルクのBチームを指揮していたトゥヘルの助言がきっかけだった。引退から2年後の10年7月にはホッフェンハイムU-17のアシスタントコーチに就任。13年1月にはトップチームのアシスタントコーチに抜擢され、マルクス・ギスドル監督をサポートして1部残留に貢献した。ちなみに当時のチームには宇佐美貴史(現ガンバ大阪)も所属していた。
 
【関連記事】
【EL現地レポート】香川がゴールに絡む2つのプレーで自信を取り戻す「気分的にちょっと楽になった」
現地ベテラン記者が香川真司を密着レポート「“香川抜きでもやっていける”は大きな間違いだ!!」
【プレミア現地コラム】実現すれば55年ぶり。トッテナムは「本物の優勝候補」だ
【セリエA現地コラム】熾烈なスクデット争いを演じるユーベとナポリ。勝負を分けるキーファクターは?
ミラン番記者の現地発・本田圭佑「自らが渇望していたゴールをついに――。今や誰もがケイスケに夢中だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ