【シティ監督就任発表のグアルディオラに賛否両論】アンリが欧州制覇を予見する一方で、マテウスが過激批判

カテゴリ:メガクラブ

内藤秀明

2016年02月05日

アンリはペップのCL優勝を予想。

バルサとバイエルンでは、革新的なスタイルで勝利を欲しいままにしてきたグアルディオラ。来シーズン、現役時代も含め、初挑戦となるプレミアの舞台でも成功を掴めるか。 (C) Getty Images

画像を見る

 2月1日、冬の移籍市場の最終日に世間をもっともにぎわせたのは、選手の大型移籍ではなく、監督の話題だった。
 
 マンチェスター・シティが、ジョゼップ・グアルディオラが来シーズンからの新監督に就任すると発表。豊富なアタッカー陣を揃え、攻撃的なサッカーを志向するシティに電撃的な就任を決めたグアルディオラには、多数の監督や識者から賞賛のコメントが寄せられている。
 
【関連記事】旧知の記者が激白したペップがシティを選んだ理由
 
――◆――◆――
 
ティエリ・アンリ(元バルセロナ/元フランス代表)
「マンチェスター・シティは3年以内にチャンピオンズ・リーグで優勝するか、それに近いところまで到達できるはずだ。シティのファンは、来シーズン、ワールドクラスの選手の獲得を夢見ていいと思うよ。もちろん、シティが素晴らしいクラブであり、多くのコネクションを持っているからできることでもあるけど、なによりグアルディオラは、世界中の選手から『彼に指導されたい』と思われている監督だからね」
 
ロベルト・マルティネス(エバートン監督)
「グアルディオラはフットボール界でベストな監督だ。記録がそれを証明している。そこに疑問はない。間違いなく、多くの指導者に影響を与えるはずだ。また、イングランドのスタイルとは全くもって別の戦術を持ち込むだろうね。彼の細部までのこだわり方は、他の監督には見られないものだ。これはイングランド・サッカーにとっていいことだと思うよ。彼の加入で、プレミアリーグはさらに魅力的なリーグになるはずだ」
 
ユルゲン・クロップ(リバプール監督)
「“世界最恐”のチームが来シーズンは待ち構えることになるね。けど、勝てないわけではない。だからフットボールは面白い。チャンスはあるはずだ」
 

バルセロナ時代にグアルディオラの指揮下でプレーした経験を持ち、三冠達成の栄光を手にしたアンリは、ペップのプレミア挑戦を賞賛した。 (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月11日号
    1月28日発売
    2021年度版
    J1&J2全42クラブ
    戦力充実度
    ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ