日韓戦後も続く戦い――五輪予選登録メンバー23人の所属クラブでの立場をチェック

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年02月01日

昨季とは見違えるプレーを見せた櫛引。鹿島で定位置奪取なるか?

今大会、好プレーを連発する櫛引。大会後は鹿島で曽ヶ端との定位置争いが待つ。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 注目の“日韓戦”となったU-23アジア選手権の決勝は、日本の勝利で幕を閉じた。優勝という最高の形で「リオ五輪出場」を勝ち取ったU-23日本代表だが、これから選手たちはそれぞれの所属クラブへ戻り、また新たな戦いに備える日々が始まる。

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】ドラマチックな逆転劇でアジア王者に!日本 3-2 韓国

 今年8月に開催される五輪本大会の登録メンバー入りを果たすためにも、U-23日本代表の選手たちは、所属クラブで結果を出すことが何より重要だ。果たして彼らは今、チームでいかなる立場にあるのか。今大会登録23人の現状をチェックする。
 
――◆――◆――
 
GK
1 櫛引政敏(清水→鹿島)
昨季成績(J1):10試合・22失点(清水)
今季のライバル:曽ヶ端準
 
今オフに清水から鹿島にレンタル移籍。昨季は清水の不調にも引っ張られ、不安定なパフォーマンスに終始した。定位置の座を奪われリーグ戦では10試合の出場に止まっている。しかし、この五輪最終予選では見違えるような好プレーを連発。この勢いを持続できれば、曽ヶ端が守り抜いてきた正GKの座を奪えるかもれしれない。
 
GK
22 杉本大地(京都→徳島)
昨季成績(J2):5試合・10失点(京都)
今季のライバル:長谷川徹、相澤貴志など
 
京都に所属していた昨季は序盤戦で出番を得ていたものの、不安定なプレーが目立ち、8節以降は不出場。今季は徳島に新天地を求め、定位置奪取へゼロからのスタートとなる。五輪予選ではサウジアラビア戦でPKから1失点したものの、及第点のパフォーマンスを見せた。
 
GK
23 牲川歩見(磐田→鳥栖)
昨季成績(J2):0試合・0失点(磐田)
今季のライバル:林彰洋、赤星拓
 
昨季は所属チームの磐田で出場機会がなく、出番はJ3のJ-22選抜での出場に限られていた。今季は期限付き移籍で鳥栖に加入することになったが、日本代表にも復帰した林彰洋の牙城は高く、まずは地道なアピールを続けてチャンスを待つしかないだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ