【イラク戦・スタメン予想】“順番通り”なら鈴木、久保の2トップか。過去2戦2敗の天敵にも死角あり

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月25日

負傷明けの鈴木の状態が気になる。

イラン戦までのローテーションなら鈴木のほか、大島、南野、山中ら出番のなかった選手たちの出場が濃厚だ。

画像を見る

 1月26日(火)の16時30分(日本時間22時30分)、日本は勝てばリオ五輪出場を決められるイラクとの準決勝を迎える。
 
 イラクとはチーム立ち上げから2戦して2敗。一昨年のU-22アジア選手権での準々決勝、アジア大会でのグループリーグで敗れた因縁の相手だ。
 
 その天敵との決戦、2日前の練習では、遠藤、亀川が足の付け根、豊川が腰に違和感を抱え、別メニュー調整に。また、発熱のため、22日の準々決勝・イラン戦以降、姿を見せていない井手口は、この日もホテルでの待機となった。
 
 遠藤、亀川、豊川は大事に至らなそうだが、先発メンバーを予想するならば、ここまでローテーション制を採用している手倉森監督のもと、準々決勝のイラン戦で出番のなかった、もしくは出場時間が短かったメンバーが起用されることになるだろう。該当するのは大島、山中、南野、豊川、鈴木、浅野といったメンバーだ。
 
 特に注目なのが、股関節回りの炎症から復帰した鈴木だ。もし2トップを採用した場合、2日前のイラン戦で120分を戦い抜いたオナイウを休ませる可能性は大で、浅野は流れを変える切り札として取っておきたい。すると鈴木の状態さえ整えば、久保との2トップが考えられる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ