「あとは決めるだけ」だったU-23日本代表。ブレイクスルーを引き出した要因とは?

カテゴリ:日本代表

飯尾篤史

2016年01月25日

“香川のチャント”に象徴されるロッカールームでの雰囲気の良さ。

イラン戦の延長後半に中島が2ゴールを挙げて試合を決める。手倉森監督とハイタッチを交わした。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 延長戦の末にイランを3-0で下したリオ五輪アジア最終予選・準々決勝のロッカールーム。選手たちは香川真司のチャント(応援歌)を合唱しながら、はしゃいでいた。
 
 正確に言えば、香川真司のチャントのメロディーに乗せられていたのは、別の選手の名前だった。
 
 値千金の先制ゴールを決めた豊川雄太、2ゴールを奪って勝負を決定づけた中島翔哉、好セーブを連発したGK櫛引政敏と並んで、この試合の殊勲者のひとり、室屋成が言う。
「『おおーかがわしんじー』ってあるじゃないですか。僕の大学の応援歌がそれで、『せいむろやー』みたいな。それをなぜかみんなが歌っていました(笑)」
 
 その光景を微笑ましく見つめていたキャプテンの遠藤航も言う。
「試合後のロッカールームの雰囲気は、これまでで一番良かったですね」
 
 近年、日本サッカーにおいて鬼門となっていた準々決勝の壁をぶち破った。それも、先発の選手たちが我慢強く耐え凌ぎ、途中から出場した選手が大仕事をやってのけたのだから、ロッカールームでの興奮が最高潮に達するのも当然だ。
 
 ここまで勝ち上がってきたから雰囲気が最高なのは当然のことだが、一方で、大会に入る前から雰囲気が良かったから、ここまで勝ち上がれてきたという側面もある。遠藤が再び証言する。
「12月のカタール・UAE遠征や石垣島キャンプの頃からみんな最終予選に向けて良い準備ができていたし、その時から練習で声が出るようになって、雰囲気が良くなってきたと感じていたので、準備の段階からまとまった雰囲気作りができていたと思います」
 
 その12月のカタール・UAE遠征では、イエメン、ウズベキスタンと対戦したが、いずれもスコアレスドローと引き分けてしまった。15年下半期に行なわれたJクラブや大学との練習試合でも0-0や1-1、0-1といったスコアが並んだため、「得点力不足」を指摘されていたが、裏を返せば、チームの立ち上げ以来、「柔軟性と割り切り」「取れなくても、取られるな」といったコンセプトのもと、手倉森誠監督によって植え付けられてきた「粘り強い守備」はすでに身に付いていた。
 
 さらに、12月のウズベキスタン戦では多くのチャンスを作ってもいた。その試合後、遠藤はこう言って悔しがったものだった。
「声は出てきたし、守備は安定しているし、チャンスもたくさん作れてきた。あとは本当に決めるだけというところまで来ていると思う……」
 
 その「決めるだけ」の部分が、最終予選に入っていよいよ現実のものとなってきた。ブレイクスルーの瞬間は、近づいていたのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ