【サッカーダイジェストの視点】神懸る手倉森采配。イラン戦の勝因も浅野、豊川投入のタイミングにあり

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月23日

イランの状況を見極めギリギリまで選手交代を待つ。

登録メンバーをフル活用しながら乗り切っている感もある手倉森監督の采配。イラン戦でもスタメンの選考、終盤の交代策などで冴えを見せた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 この年代にとって“鬼門”と呼べる準々決勝ではやはり苦しい戦いが待っていた。
 
 試合開始直後の1分には1トップのモタハリに単独突破を許すと、36分には再びモタハリに決定的なシュートを放たれる。後半になっても流れは変わらず、60分にはミラドにクロスバー直撃のシュートを打たれた。
 
 日本は局面で身体を張るものの、高いテクニックを見せるイランの選手を捕まえ切れず、耐える時間を長く強いられた。
 
 それでも「イランの時間帯が長く、我慢する展開になったが、相手が勢いを持ってくるのは分かっていたので、失点をしないことだけを考えた。イランがどこかで落ちるっていう予想も含めて我慢比べに勝てたのが大きい。厳しい戦いになるのは覚悟していたので、そこは割り切れた」と、最後の一線は越えさせず、プラン通りの終盤勝負へ持ち込めたとキャプテンの遠藤は語る。
 
 そして勝利のシナリオを完成させたのは、ほかの誰でもない手倉森監督だった。
 
 指揮官はこの試合で82分までスーパーサブの浅野の投入を延ばした。その背景には「後半勝負のところで、イランがもっと(スペースが)空いてくるのかなって思っていたら、空かなかった。延長でようやく落ちた感じになりました」と遠藤が語ったように、イランの予想外の粘りがあった。もし焦れて先にカードを切っていれば、まだ余力のあったイランDFに潰されて勢いを失い、反撃の芽が潰えていた可能性があっただろう。
 
 しかしタイミングを見計らって浅野を投入すると、85分には豊川もピッチへ。疲れが見え始めたイランに対して一気に攻勢をかけた。そして延長戦に突入してからの96分に豊川が劇的な先制弾を奪い、中島が2ゴールと続く。チーム発足から撥ね返され続けてきたベスト8の壁を、ついに突破してみせた。

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ