【金田喜稔がイラン戦を斬る!】アジアレベルの相手に勝利したにすぎない。世界を目指すなら内容の改善は不可欠だ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2016年01月23日

「中島は90分間でなにもできなかったが、10番を背負うだけの選手」

90分間では目立った仕事ができなかった中島(10)。しかし、延長戦では強烈なミドル2本を叩き込み、イランの戦意を削いだ。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 終始、イランに攻め込まれて勝ち目はないかと思ったが、結果的に3ゴール奪って勝利した。選手たちには「よく頑張った」と言いたい。内容はともかく、結果が出た。手倉森監督もホッとしたんじゃないかな。U-22アジア選手権、仁川アジア大会でともに8強の壁に阻まれてきただけに、相当なプレッシャーもあったはずだからね。
 
 試合を振り返ると、守備陣がよく踏ん張った。誰が出てもハードワークができて、ディフェンスの集中力は高かった。前半からあれだけイランに攻められたにもかかわらず無失点に抑えたんだから、大したものだ。守護神の櫛引、CBの岩波、植田をはじめ、SBの亀川や室屋も粘り強い守備を見せていた。U-23代表が守備をベースに作られていることをあらためて感じさせるゲームだった。
 
 攻撃面に関して言えば、中島のプレーを評価したい。90分間のプレーだけを見れば、相手に身体を寄せられてなかなかボールが収まらず、ドリブルも簡単に抑えられてばかり。なぜ、交代させないんだろうか、と思ったくらいなにもできていなかった。駄目出しをしようと思っていたくらいだ。
 
 しかし、延長に入って目の覚めるようなミドルシュートを2本も叩き込んだので思い直した。やはり彼は只者ではない。先制点を奪われ、イラン守備陣の集中力が途切れていたとはいえ、疲労が蓄積してくるであろう時間帯に角度のないところからあんな強烈なシュートは決められない。そこは、彼のポテンシャルの高さがうかがえる部分で、10番を背負うだけの選手なのだと思う。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ