• トップ
  • ニュース一覧
  • 【消えた逸材】「マドリーに行くべきだったかもしれない…」チェルシーでピルロになるはずだった男の後悔

【消えた逸材】「マドリーに行くべきだったかもしれない…」チェルシーでピルロになるはずだった男の後悔

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2023年08月31日

アンチェロッティがレジスタにコンバート

アンチェロッティ時代のチェルシーで台頭したマクイクラン。(C)Getty Images

画像を見る

ジョシュ・マクイクラン(MF/元イングランドU-21代表)
■生年月日/1993年3月1日
■身長・体重/178㎝・65㎏
 
 いま振り返ってみれば──と、後悔を残した瞬間がある。2010年、17歳の夏の決断だ。
 
 レアル・マドリーからオファーがあった。5年契約を提示され、家族とともにマドリードに招待された。それを断った。マドリードにも行かず、具体的な話も聞かずに、「NO」と返事した。
 
「チェルシーに残りたいと、それだけ伝えた」
 
 当時を述懐する本人の言葉だ。ウェブメディア『ジ・アスレティック』に語った。
 
「チェルシーのファンだったし、そこでブレイクしはじめていたからね。でも、いまになってみれば、行くべきだったのかもしれない」
 
 R・マドリーの話を断ったことが、そこまで重い決断になろうとは、そのときジョシュ・マクイクランは夢にも思わなかった。

【PHOTO】2023年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

 アンドレア・ピルロになるはずだった。中盤の底からパスを振り分け、テンポをコントロールする司令塔、イタリアで言うレジスタだ。その可能性を見出したのが、他でもないカルロ・アンチェロッティだった。ミランの監督をしていたアンチェロッティが、中盤の深い位置から攻撃を組み立てる「レジスタ」という概念を形にし、ファンタジスタのピルロをトップ下からそのレジスタとして大成功させたのはあまりに有名なエピソードだ。
 
 そのアンチェロッティが、マクイクランにピルロを見たのだ。若者の未来は約束されたようなものだった。
 
「落ち着きとビジョンを買ってくれて、中盤の底にポジションを移された。攻撃的MFからのコンバートだった。ピルロのビデオを見て、そのプレーを勉強するようにと、そう言われたんだ。もちろんそうしたよ」
 
 ジ・アスレティックでのコメントだ。他の媒体にはこうも語っている。
 
「カルロ(アンチェロッティ監督)はほとんど付きっきりでポジショニングや動き方の指導をしてくれた。信頼して僕にボールを委ねてくれた」
 
【関連記事】
【消えた逸材】バルサのカンテラで「メッシと双璧」と呼ばれたMFは、なぜ表舞台から姿を消したのか
【消えた逸材】転落への“トリガー”となった名将グアルディオラとの出会い。DF史上2番目の高額移籍金でマンCに渡った男はいま――
【消えた逸材】ポグバやウンティティらとU-20W杯を制した元アーセナルFWが振り返る、キャリアを止めた“致命傷”
【消えた逸材】10代でインテルに引き抜かれた「アンリ2世」。09年U-17欧州選手権の得点王は29歳で無所属になるも…
【消えた逸材】「何をしでかすか分からない、制御不能の危険人物」レジェンドをかけ合わせたような元フランス代表MFは、とにかく素行が悪く…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ