• トップ
  • ニュース一覧
  • 【消えた逸材】10代でインテルに引き抜かれた「アンリ2世」。09年U-17欧州選手権の得点王は29歳で無所属になるも…

【消えた逸材】10代でインテルに引き抜かれた「アンリ2世」。09年U-17欧州選手権の得点王は29歳で無所属になるも…

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2023年03月10日

16歳で名門フェイエノールトとプロ契約

11年夏に入団したインテルでは公式戦8試合の出場に留まり、記録できたゴールも1つだけだった。 (C)Getty Images

画像を見る

ルク・カスタイニョス(FW/オランダ国籍)
■生年月日/1992年9月27日
■身長・体重/188センチ・83キロ
 
「アンリ2世」だと騒がれるようになったのは、まだ16歳の頃だった。オランダU-17代表のエースストライカーとして2009年の欧州選手権に出場すると、3ゴールを挙げて大会得点王に輝いたのだ。彼自身が先制ゴールを奪った決勝では、マリオ・ゲッツェを擁するドイツに1-2で敗れ、得点王に授与されるトロフィーを、ルク・カスタイニョスは悔し涙を流しながら受け取った。
 
 190センチに届こうかという長身で、つい最近までフランス代表の歴代最多得点記録を保持していたティエリ・アンリを、たしかに彷彿とさせる若者だった。背格好や風貌がただ似ていただけではない。ストライドの大きいスプリントにスピードがあり、走りながら右足で放つシュートのフォームも「アンリ2世」と呼ばれるようになった理由のひとつだろう。
 
 1992年9月27日、カスタイニョスはフランス人の父親と、イタリア国籍を持つカーボベルデ出身の母親の間に、両親が移住して2年目のオランダで生まれている。13歳の頃にフットボーラーとしての才能を見出され、1年後には名門フェイエノールトに迎えられると、16歳の秋には最初のプロ契約を結んでいる。

【PHOTO】まさにスタジアムの華! W杯で現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 
 フランスとの二重国籍だがオランダU-17代表を選択し、09年5月の欧州選手権で台頭すると、メガクラブがこぞって注目する存在となる。当時は、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン・ミュンヘン、リバプールなどが興味を示していたと言われている。
 
 フェイエノールトでトップチームに昇格すると、18歳のカスタイニョスは10-11シーズンのエールディビジで15ゴールをマークする。「アンリ2世」の争奪戦を制したのはインテル・ミラノ。しかし、イタリアの名門クラブへの移籍決定と鳴り物入りの入団が、キャリアのピークとなってしまう。
 
 インテルでは公式戦8試合の出場に留まり、記録できたゴールも1つだけだった。在籍1シーズン限りでオランダに戻ったのは「出場機会を求めてだった」と本人は振り返るが、失格の烙印を押されての放出でもあった。
 
【関連記事】
【消えた逸材】バルサのカンテラで「メッシと双璧」と呼ばれたMFは、なぜ表舞台から姿を消したのか
【消えた逸材】「敬意のかけらもない」「酷く不愉快だ」会長と監督を激怒させた事件でキャリアが暗転…06年W杯の仏代表にサプライズ招集されたDFの「最大の後悔」
【消えた逸材】「何をしでかすか分からない、制御不能の危険人物」レジェンドをかけ合わせたような元フランス代表MFは、とにかく素行が悪く…
【消えた逸材】「メッシとロナウドに匹敵する才能」と評された天才アタッカーの凋落。キャリアよりも大金を…
【消えた逸材】「新時代のプラティニ」はなぜリバプールで成功できなかったのか。37歳で引退、現在は…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ