• トップ
  • ニュース一覧
  • 「タケには驚きだよ」至る所で久保建英の存在を感じた“美食の街”【サン・セバスティアンを巡る旅|前編】

「タケには驚きだよ」至る所で久保建英の存在を感じた“美食の街”【サン・セバスティアンを巡る旅|前編】

カテゴリ:連載・コラム

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年05月31日

砂浜では女子サッカーの試合が行われていた

久保建英がプレーするソシエダの本拠地がサン・セバスティアンだ。 (C) AFLO

画像を見る

 久保建英の所属するレアル・ソシエダの試合を観戦にサン・セバスティアンを訪れるなら、ぜひ街歩きや美味しい料理を堪能してはいかがだろう。

 スペイン北部のバスク地方にあるサン・セバスティアンは、街並みがきれいで中心地から徒歩10分足らずで海にも出られる。海岸線に沿って遊歩道があり、景色を堪能できる。夏には海水浴客で賑わう砂浜では、女子サッカーの試合が行われていた。

「美食の街」としても有名で、ミシュランの星が付いたレストランが多数存在している。ただ、高級店に行かなくても料理を十分に楽しめる。

 旧市街にバルが多数立ち並び、カウンターには色とりどりのピンチョス(串に刺さったおつまみ的な料理)が並んでいる。入り口から覗ける店もあるので、それで店を決めるのも悪くないだろう。地元ではハシゴをする人も多いようだ。

 サッカーファンにぜひ行ってもらいのが、旧市街にあるバル「JOSE MARI」だ。ソシエダのペーニャ(ファンクラブ)のひとつの所在地になっており、ファンが集まる店として知られている。試合開催日には、多い時には100人ほどのサポーターが集結し、スタジアムまで歩いて行くこともあるという。

 その店の主人で、ペーニャの代表でもあるハビエルさんに久保の印象について尋ねると、こう答えてくれた。

「正直、そんなに期待していなかったから、タケには驚いているよ。テクニックもスピードもあるし、この先もっと良くなるだろう」

サン・セバスティアンの海岸や旧市街の様子。バルにはピンチョス(右下)が並ぶ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

しし唐を素揚げした料理(右上)が絶品だった「JOSE MARI」のご主人ハビエルさん(左下)。レアレ・アレナ周辺にある「LOS JAVI’S」の店内(下段)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ソシエダのペナントやポスターなどが張られた店内で食したしし唐を素揚げした料理は、シンプルながら絶品だった。塩加減が絶妙でお酒のつまみにはもってこいだ。

 街の中心部からバスやタクシーで15分ほどのところにあるソシエダのホームスタジアム「レアレ・アレナ」の周辺にも、バルが立ち並ぶ。その中のひとつ、「LOS JAVI’S」の店内には、過去の試合のマフラーや、ソシエダにまつわる様々な展示されている。1階からトイレのある2階に上がる階段には、ソシエダが見出しを飾ったスポーツ紙の1面がぎっしりと貼られていた。これを見るだけでもファンにはたまらないだろう。
 
【関連記事】
「仕事をする気がない」マドリーは久保建英の再獲得を断念と現地報道!躍動する21歳を諦めた理由は…
「タケ…ウソだよな?」「めっちゃウケてる」歓喜の久保建英、まさかの“ピコ太郎”披露で同僚大爆笑!はしゃぐ姿にファン驚き「永久保存やぞ笑」
久保建英と主将オジャルサバルのどちらを起用すべき? 現地ソシエダファンの見解は?「今なら…」
「タケには残って欲しかった」久保建英の退団をどう感じた? 古巣マジョルカのファンに直撃!「テクニックはチームで飛び抜けていた。でも…」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ