• トップ
  • ニュース一覧
  • 「なぜ日本は手を打たないのか」敵将に弱点を見破られたU-20代表にブラジル人記者が苦言「19歳には見えない」と称賛したのは?【U-20W杯】

「なぜ日本は手を打たないのか」敵将に弱点を見破られたU-20代表にブラジル人記者が苦言「19歳には見えない」と称賛したのは?【U-20W杯】

カテゴリ:日本代表

リカルド・セティオン

2023年05月28日

「4人全員がノーマークだった」

リカルド記者はチェイス・アンリ(右)ら日本の守備陣の緩慢さを指摘。(C)Getty Images

画像を見る

 アルゼンチンで開催中のU-20ワールドカップ。日本は初戦でアフリカチャンピオンの強敵セネガルを1-0で破って驚きを与えたにもかかわらず、2戦目ではコロンビアに負けてしまった。コロンビアは弱いチームではないが、日本が勝てないチームではない。

 そして第2戦。誰もが日本が決勝トーナメント行きを決めると思っていた。しかし、結果は先制したにもかかわらず逆転負けを喫した。

 どこに問題があるかは火を見るより明らか。ディフェンスだ。日本は2チームに分かれているように見えた。FWとMFは良く連携し、互いに助け合い、ゴールに向かい相手にとっては危険なチームだった。しかし最終ラインの動きは驚くほど悪かった。コロンビアの選手が攻め上がっても、まるで歩いているかのような対応で、私は自分の目を何度も疑った。

 おかげでコロンビアはまるでスーパーで買い物するみたいに簡単に2ゴールを決めてしまった。それもどちらも日本の右サイドを突破されてのクロスだ。
 
 コロンビアの監督エクトル・カルデナス監督もこう語っている。

「日本を困難に陥れ、コロンビアが自分たちらしいプレーをして試合を支配するために、どんな攻撃をしたらいいかを試合を見ながら根気よく探した。そして見つけた日本の弱点が右サイドバックだった。ハーフタイム以降、我々はこの日本の弱点を狙ってプレーを展開した」

 それにしても、コロンビアの指揮官が前半で見抜いたウィークポイントになぜ日本は手を打たなかったのか? とくに右SBの高井幸大のパフォーマンスは、CBのチェイス・アンリとともに厳しく評価せざるをえない。

 コロンビアのTV局『アンテナ2』もこう指摘している。

「日本の選手は8人いたにもかかわらず、ゴール前でコロンビアの選手4人は全員ノーマークだった。この守備の甘さを見ると、コロンビアはあと3点取れたのではないかと思う」

【U-20W杯PHOTO】山根陸が先制点奪取も逆転負け…GS突破は第3戦に持ち越し|U-20日本1-2U-20コロンビア
【関連記事】
痛恨の敗戦も土壇場で最下位を回避…U-20日本代表、“奇跡の決勝T進出”の条件は?【U-20W杯】
U-20日本代表はグループステージを3位でフィニッシュ。坂本が先制弾も後半2失点でイスラエルに1-2敗戦【U-20W杯】
「いけいけニッポン!」なぜU-20日本代表を地元アルゼンチンのファンが応援したのか。まさかの乱入者まで…【現地発】
「困ってしまった」「自分たちはまだまだ」コロンビア戦で突きつけられた現実。“未知との遭遇で得た気づき”を次に活かしたい【U-20W杯】
「慎ましい暮らし」「質素な日本車」退団発表のイニエスタ、母国メディアは神戸での生活に注目「誰もが驚いたが…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ