• トップ
  • ニュース一覧
  • 「困ってしまった」「自分たちはまだまだ」コロンビア戦で突きつけられた現実。“未知との遭遇で得た気づき”を次に活かしたい【U-20W杯】

「困ってしまった」「自分たちはまだまだ」コロンビア戦で突きつけられた現実。“未知との遭遇で得た気づき”を次に活かしたい【U-20W杯】

カテゴリ:日本代表

松尾祐希

2023年05月26日

選手たちも力の差を痛感

勝てばGS突破が決まるコロンビア戦は痛恨の逆転負け。悔しい結果もラスト10分の猛攻はポジティブに映った。(C)Getty Images

画像を見る

[U-20W杯]日本 1-2 コロンビア/5月24日/ラ・プラタ・スタジアム

「未知との遭遇」

 大会前から冨樫剛一監督は、度々このワードを口にしていた。アジアの戦いでは決して味わえない。親善試合で経験したとしても、ワールドカップはまた別物。世界で戦う難しさを知る場として、コロンビア戦は最高の場だった。

 現地時間5月24日、アルゼンチンで開催されているU-20ワールドカップのグループステージ(GS)第2節。日本はコロンビアに1-2で敗れた。勝てばGS突破が決まるなか、苦しみながら奪った前半のゴールを守り切れず、後半の立ち上がりに連続失点。最終盤に猛攻を仕掛けたが、松木玖生(FC東京)のPK失敗も響いて、軍門に降った。

 コロンビア戦では、初戦のセネガル戦(1-0)から先発を1人変更。山根陸(横浜)をボランチで起用し、1戦目で同ポジションを任されていた佐野航大(岡山)が右サイドハーフに回った。

 しかし、初戦と同じくボールを握れない。昨年5月のモーリスリベロ国際大会で戦った時以上の圧があった。もちろん、相手のメンバーが半分以上、入れ替わっており、一概に比較できないが、ワールドカップという大舞台で本気モードのコロンビアからは随所にプレーの迫力を感じさせられた。

 実際に90分を通じて、日本の時間は最終盤以外ほとんどなかった。相手の攻撃を跳ね返すのが精一杯。「引いてしまう場面も多かった」と松木が話した通り、ボールを受けたとしてもプレッシャーに屈して後ろに戻すシーンが目立った。試合を振り返り、選手たちも力の差を痛感させられたと話す。

「迫力のあるプレッシングもあったし、球際の部分は南米特有の足が伸びてくる感じ。そこは困ってしまった部分で、そういった相手に勝たないとこの大会(で世界一)は獲れない」(福井太智/バイエルン)

「ワールドカップは局面で剥がせる選手や強さを持っている選手ばかり。ここはアジアの戦いではない。改めてそういった際の部分やデュエルに関して、自分たちはまだまだでした」(山根)
 
 セネガル戦も含め、今大会において日本が逃げずにボールを繋げた時間帯はほとんどない。だからこそ、この2試合で露呈した課題はイスラエルとの最終戦までに修正すべきだろう。中2日しかないが、“未知との遭遇で得た気づき”を活かさなければ、目標に掲げる世界一には辿り着けない。

 その一方でポジティブな材料もあった。最終盤に攻勢を仕掛けられたこと。80分以降は1-2の状況をひっくり返すべく、アグレッシブに何度も仕掛けた。左サイドバックの松田隼風(水戸)から良いクロスが入り、もう一歩でゴールという場面も作れている。臆さずにアタックできれば、世界の強豪とも渡り合えるはずだ。

「今日で終わりじゃないので、次の試合で、課題をプラスに捉えて勝てるように頑張りたい」とは福井の言葉。現時点で1勝1敗の勝点3。2位につけており、イスラエルとの最終戦に勝てば、自力でノックアウトステージ進出を決められる。

 万が一、ドロー以下に終わってもグループ3位の上位4か国に入れば、勝ち抜けは可能。課題は多いが、日本は優位な状況にある。ヨーロッパ2位のイスラエルもコレクティブで強敵だが、これまでの経験が次に活かされれば、コロンビア戦の敗戦は決して無駄ではない。

取材・文●松尾祐希(サッカーライター)

【PHOTO】U-20日本代表の出場16選手&監督の採点・寸評。先制弾の山根はリンクマンとして機能。松木は痛恨のPK失敗

【U-20W杯PHOTO】山根陸が先制点奪取も逆転負け…GS突破は第3戦に持ち越し|U-20日本1-2U-20コロンビア

【PHOTO】エルサルバドル・ペルーとの親善試合に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
【関連記事】
【採点寸評|U-20日本代表】チームとしても個人としても完敗。要所を締めることができなかった[U-20W杯 日本1-2コロンビア]
「慎ましい暮らし」「質素な日本車」退団発表のイニエスタ、母国メディアは神戸での生活に注目「誰もが驚いたが…」
「ポジティブなことしか思い浮かばない」神戸を去るイニエスタがJリーグの未来に期待! 常にベストの状態を要求される環境に感謝
「今やメッシやロッベンを見ているようだ」躍動する久保建英をスペイン大手紙が絶賛!ゴラッソには驚嘆「とんでもないゴール」
「いけいけニッポン!」なぜU-20日本代表を地元アルゼンチンのファンが応援したのか。まさかの乱入者まで…【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ