現地紙コラムニストが綴る――武藤嘉紀のブンデス挑戦記「武藤は機敏性に富んだ“小型車”」

カテゴリ:連載・コラム

ラインハルト・レーベルク

2015年12月18日

スペースを消された時にどう崩すか。

武藤は57分に決定機を迎えたものの、決めきれず。81分にコルドバと交代してピッチを後にした。 (C) Getty Images

画像を見る

 マインツは昨シーズン途中から指揮を執るマルティン・シュミット監督の下、積極的なプレスでボールを奪い、素早く攻撃に転じるトランジションサッカーの成熟化に取り組んできた。

 その成果は、今シーズンの成績に表れている。16試合を終えて、勝点24の7位。昨シーズンの同時期に勝点18の11位だったことを考えれば、前半戦の出来は上々と言えるだろう。

 一方で、課題も浮き彫りになった。守りを固めた相手に対して、ポゼッションせざるを得なくなった時にどう崩すかである。

 マインツの攻撃の生命線は、スペースの活用にある。ユヌス・マッリが高速ドリブル、武藤嘉紀が裏への飛び出し、ハイロ・サンペリオとパブロ・デ・ブラシスの両ウインガーが縦への突破でスペースを突き、チャンスを作り出す。

 しかし、選手が密集した“藪”の中では、スペースがなくなる。すると、たちまち手詰まりに陥ってしまうのだ。

 開幕戦のインゴルシュタット戦(0-1)、10節のブレーメン戦(1-3)、16節のシュツットガルト戦(0-0)がまさにそうだった。敵陣深くに築かれた細かい網目のような守備ブロックを切り崩す術を見つけられなかったのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ