• トップ
  • ニュース一覧
  • 「狙い通りになった」鹿島戦終盤、猛プレスで逆転弾を呼び込んだ広島MF満田誠。ボランチへポジションを変更した際に何を考えていた?

「狙い通りになった」鹿島戦終盤、猛プレスで逆転弾を呼び込んだ広島MF満田誠。ボランチへポジションを変更した際に何を考えていた?

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年04月03日

「できるだけ前のポジションで、ボールを前に運ぶ」

満田(左)はボランチとしての守備で逆転勝利に貢献した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第6節]鹿島1-2広島/4月1日/県立カシマサッカースタジアム

 鹿島アントラーズ戦を相手にサンフレッチェ広島が、2-1の劇的な逆転勝利を飾った。69分に先制されたが、86分と88分にドウグラス・ヴィエイラがネットを揺らし、あっという間に試合をひっくり返した。この一戦で、決勝点につながるディフェンスを披露したのが満田誠だった。
【PHOTO】広島の出場15選手&監督の採点・寸評。荒木はエアバトルで圧巻の強さ。満田は最後までハードワークを披露

 右のウイングバックとしてスタメン出場した満田は、73分からはボランチでプレー。0-1だったなかでのポジション変更で意識した点を、こう振り返る。

「点を取りに行かないといけない状況。ロングボールだけになってしまうと難しい展開だったけど、落ちすぎてもゴールから遠くなってしまう。できるだけ前のポジションで、ボールを後ろの選手から受けて前に運ぶ」

 1-1で迎えた88分には、左サイドバックに猛烈なプレスをかけて、ボール奪取のきっかけを作リ出す。その後、中野就斗がパスカットすると、エゼキエウのパスを受けたD・ヴィエイラが決勝弾を挙げた。
 
 守備で逆転に貢献した23歳アタッカーは、この場面を「どうしても勝ち切りたかった。同点では終わっていい試合ではないと思った」と振り返る。そして、プレスへの手応えを、こう語った。

「近い位置にキーパーからボールが出て。相手も攻撃に移るタイミングで、前に上がっている選手もいて、守備の選手も広がっていたので、そこでしっかりと(コースに)限定をかけることができた。次のパスで奪い切って。その形になったので、自分の狙い通りになったのかなと思う」

 試合を通じては「難しい展開」だったと認めつつ、「途中から入ってきた選手を含めて、勝ちへのこだわりの気持ちがあったからこそ、逆転につながった。ここを勝ち切るのは本当に大きい」と喜んだ。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

【動画】サンフレ満田誠が88分に披露した猛プレス!

【PHOTO】ニッパツ三ツ沢球技場に集結したサンフレッチェ広島サポーターを特集!

【PHOTO】エディオンスタジアムに駆けつけたサンフレッチェ広島サポーターを特集!
【関連記事】
【採点寸評|広島】指揮官の采配がズバリ的中!終盤に2得点のドウグラスが文句なしのMOM[J1第6節 鹿島1-2広島]
「ボールしか見えていなくて…」広島を大逆転に導いたドウグラスが語る“3分で2ゴール”。エゼキエウの決勝弾アシストについては?
「少しツイていた」サンフレ佐々木翔、鹿島戦で大逆転の口火となったPK獲得シーンを振り返る。チームの改善点も提示
終盤の2失点で逆転負けの鹿島にファンが抗議。チームバスを囲み「岩政監督を出せ!」
「かなりのステップダウン。愚かだ」浮上した旗手怜央のブライトン移籍にセルティック地元メディアが苦言!「彼を失うのは考えられない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ