• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ボールしか見えていなくて…」広島を大逆転に導いたドウグラスが語る“3分で2ゴール”。エゼキエウの決勝弾アシストについては?

「ボールしか見えていなくて…」広島を大逆転に導いたドウグラスが語る“3分で2ゴール”。エゼキエウの決勝弾アシストについては?

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年04月01日

68分の投入で、86分と88分にゴール

2得点でチームを勝利に導いたD・ヴィエイラ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第6節]鹿島 1-2 広島/4月1日/県立カシマサッカースタジアム

 サンフレッチェ広島は、敵地で行なわれた鹿島アントラーズ戦で2-1の逆転勝利。終盤に試合をひっくり返した一戦で、FWドウグラス・ヴィエイラが68分からの途中出場で2得点をゲットする離れ業を演じた。

 0-1で迎えた86分、味方が得たPKのキッカーを任されたD・ヴィエイラは、助走でフェイントをかけて相手GKを揺さぶると、冷静に右足を振ってゴールネットを揺らす。

 さらに88分には、MFエゼキエウの縦パスを受けると、右足を一閃。ゴール左隅に決めてみせた。

 試合後に取材に応じた35歳のブラジル人FWは、にこやかに激戦を振り返った。PKのシーンは、「簡単ではないが、プレッシャーは感じない。ボールしか見えていなくて、集中できて、そういう特長が自分にはある」と胸を張る。

 また、同点後に逆転を狙いに行ったチームについて、「(ミヒャエル・スキッベ)監督から、試合前に『(アディショナルタイムを含めた)95分や98分、集中しなければならない』と言われた。勝ちに行った。みんながベストを尽くして、チームのために戦った」と振り返った。
 
 逆転弾の場面については、エゼキエウのアシストを「完璧なパス」と称賛。「日頃の練習から話をしていて、アグレッシブに前に行くのが重要だと言っていたのが、今日の結果につながった」と明かした。

 今季はコンディション不良で出遅れて、初出場が3月19日のJ1第5節の柏レイソル戦(1-0)。この鹿島戦のPK弾が、2023年の初得点だった。苦しい状況のなかで、「戦わない人は勝てない。自分は強い思いがある。戦うために準備をしてきた。辛いこともあったが、練習して自分を超える」と準備の心得を明かす。

 チームメイトからは、「9番」のゴールが広島にとって大きな意味があるという声が聞かれたD・ヴィエイラ。今後の目標について問われると、「チームに貢献できるように。1試合1試合を大事にして、勝ちにいきたい」と意気込んだ。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

【動画】D・ヴィエイラの電光石火の“3分で2点”!

【PHOTO】ニッパツ三ツ沢球技場に集結したサンフレッチェ広島サポーターを特集!

【PHOTO】エディオンスタジアムに駆けつけたサンフレッチェ広島サポーターを特集!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
【関連記事】
「たった数分で仕事を完遂」広島ドウグラス、電光石火の2発にファン喝采「きもちいいーーー」
終盤の2失点で逆転負けの鹿島にファンが抗議。チームバスを囲み「岩政監督を出せ!」
【森保ジャパン26選手の通信簿】「A」評価は4人。最も「S」に近かったのは三笘薫ではなく…
「前日に電話で…」酒井宏樹、森保監督から告げられた代表招集外の理由を明かす!その“返答”に内田篤人は「偉っ。素晴らしい」
「あいつ、すげぇ能力あるな」内田篤人が技術の高さを認めた日本人SBは?「本当に上手い」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ