• トップ
  • ニュース一覧
  • 「少しツイていた」サンフレ佐々木翔、鹿島戦で大逆転の口火となったPK獲得シーンを振り返る。チームの改善点も提示

「少しツイていた」サンフレ佐々木翔、鹿島戦で大逆転の口火となったPK獲得シーンを振り返る。チームの改善点も提示

カテゴリ:Jリーグ

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年04月02日

「自分たちの時間や、相手に脅威を与えられる回数を増やせれば」

PK獲得時に意図していた点を明かした佐々木。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第6節]鹿島1-2広島/4月1日/県立カシマサッカースタジアム

 サンフレッチェ広島は敵地での鹿島アントラーズ戦で、69分に先制点を喫したが、86分と88分にドウグラス・ヴィエイラがゴールを決めて、2-1の逆転勝利を収めた。
【PHOTO】広島の出場15選手&監督の採点・寸評。荒木はエアバトルで圧巻の強さ。満田は最後までハードワークを披露
 この一戦で、3センターバックの左で堅守を披露した佐々木翔は、84分にCKの流れのなかで相手のファウルを受けて、D・ヴィエイラの1点目につながるPKを獲得した。満田誠の右CKが鹿島の植田直通に当たってこぼれたボールに反応して、収めようとしたところに、松村優太の足が引っかかった。

 佐々木は、試合直後に「あまり細かく分かっていない」としつつ、この場面を振り返った。

「こぼれ球が流れてきて早く反応できたけど、あのあと、どういう風にボールを処理して、ゴールにつなげようかというほうに頭が働いていた」
 
 また、ペナルティエリア内での守備側の心理を理解しつつ、“次”を考えていたと明かす。

「ああいう状況は、すごく足を出すのが難しいと、僕も分かる。誘おうかな、というつもりではいた。相手がガッついてくる感が無かったので。しっかり処理してからクロス、などを考えてプレーしていた」

 そのなかで、「たまたま(自分の)足にがっつり入っていたので。少しツイていた」と語る。

 自身も得点に貢献しての劇的な逆転勝ちだったが、満足した様子は見られなかった。

「結果としては良かったが、もう少し、自分たちの時間だったり、相手に脅威を与えられる回数を増やせればと思う」と、チームの改善点を示した。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

【動画】大逆転のサンフレ、佐々木翔のPK獲得シーン!

【PHOTO】エディオンスタジアムに駆けつけたサンフレッチェ広島サポーターを特集!

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
【関連記事】
【採点寸評|広島】指揮官の采配がズバリ的中!終盤に2得点のドウグラスが文句なしのMOM[J1第6節 鹿島1-2広島]
「ボールしか見えていなくて…」広島を大逆転に導いたドウグラスが語る“3分で2ゴール”。エゼキエウの決勝弾アシストについては?
終盤の2失点で逆転負けの鹿島にファンが抗議。チームバスを囲み「岩政監督を出せ!」
「とんでもないループ」「なんて美しいゴールだ」三笘薫の華麗な“偉業達成弾”を英メディアが絶賛!
「自分も怖い」ヴィアッリ、ミハイロビッチが逝去…元イタリア代表MFが示した懸念「現役時代に摂取していたものを疑う必要がある」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ