• トップ
  • ニュース一覧
  • 育成プロジェクトから大学経由のプロ第1号! 立命館大のMF中野瑠馬はいかにして京都内定を勝ち取ったのか

育成プロジェクトから大学経由のプロ第1号! 立命館大のMF中野瑠馬はいかにして京都内定を勝ち取ったのか

カテゴリ:大学

森田将義

2023年03月30日

コロナ禍の影響もありU-18からの昇格は見送りに

2025年シーズンからの京都加入が内定した立命館大の中野。写真:森田将義

画像を見る

 2006年から京都サンガF.C.が世界水準のサッカー選手を育成するために京セラ株式会社、学校法人立命館とともに取り組んでいるのが、「スカラーアスリートプロジェクト」だ。

 これまで、元日本代表のFW久保裕也(FCシンシナティ/アメリカ)やMF奥川雅也(ビーレフェルト/ドイツ)らが、学校法人立命館が運営する立命館宇治高に通いながら京都U-18でプレーし、サッカー選手として羽ばたいた。

 現在、トップチームで主力を張るGK若原智哉、DF麻田将吾、MF川﨑颯太も京都U-18出身で、スカラーアスリートプロジェクトはクラブの大きな柱となっている。

 一方で昇格を果たせず、立命館大へと進んだ選手がトップチームに戻った例は一度もなかったが、この3月に第1号となる選手が生まれた。今春から立命館大の3年生となるMF中野瑠馬だ。

 2025年シーズンからの新加入選手だが、今季から特別指定選手に登録され、ルヴァンカップのグループステージ第1節、ガンバ大阪戦では試合終盤に途中出場し、初めてプロのピッチに立った。
 
 持ち味であるスピードを活かしたドリブルと抜け出しは、京都U-18時代から評価されてきた実力者で、昇格候補の1人だったが、高3になったのは新型コロナウイルスが猛威を振るっていたタイミング。トップチームへの練習参加ができず、プレーを見極める場でもある高円宮杯プレミアリーグも中止となり、関西勢との対戦のみとなった。評価材料が少ないなかでトップチームへと上げる判断は難しく、選手のためにならない可能性もあるため、最終ジャッジで昇格を見送ることになった。

 だが、この年の冬に京都は曺貴裁監督を迎え、チームが攻守ともに仕掛け続けるアグレッシブなサッカーへと舵を切ったのは、中野にとっても大きかった。獲得にあたった中山博貴スカウトはこう話す。
 
「曺さんのサッカーは攻撃だけでもダメだし、守備だけでもダメ。選手には攻守両面が求められる。アグレッシブなサッカーをやっていくなかでは、(中野の)攻守両面での連続性は合うと思ったので、大学に進んでからも継続して見させてもらっていた」

 大学1年目は11試合で4ゴールに留まったが、2年目の昨年は「ゴールに関わろうという意識が強まった」(中野)。これまではサイドに張るポジショニングが多かったものの、ゴールにできるだけ近い位置取りをするため、中央でのプレーも増加。ショートカウンターで上手く持ち味が出せる場面も多く、リーグ戦で得点ランキング3位となる13ゴールをマークし、今年に入ってからは関西選抜にも選ばれた。

 もともとチームスタイルに合致すると踏んでいた選手が大学で活躍すれば、古巣が動かないわけがない。今年1月に京都が始動したタイミングで3日間の練習参加に呼び寄せ、沖縄キャンプにも招待。曺監督らコーチングスタッフからも高い評価を得た。
 
【関連記事】
「ムニョスは落胆していたよ」対人戦が自慢のコロンビアDF、競り負けた三笘薫のヘッド弾にがっくり…敵将は賛辞「美しいゴールだった」
久保建英はなぜコロンビアFWのファウルに激昂したのか「普段は突っかかるような自分じゃない」
「守備が“ガラガラと”崩壊」韓国メディアは森保Jの逆転負けをどう報じた? 「相次ぐ拙戦」と痛烈な表現で酷評
「ゲームプランが崩れてしまった」途中投入の久保建英が指摘した“誤算”「流れがすごく悪かったので…」
なぜ誰もやらない? 吉田麻也の“不在”を感じたコロンビア戦失点後の光景

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ