• トップ
  • ニュース一覧
  • 「タケは素晴らしい」エースではなく久保建英を先発に選んだソシエダ指揮官を伝説OBは支持!警戒されながら奮闘したローマ戦の出来を番記者も評価「勇敢に攻撃を牽引」【現地発】

「タケは素晴らしい」エースではなく久保建英を先発に選んだソシエダ指揮官を伝説OBは支持!警戒されながら奮闘したローマ戦の出来を番記者も評価「勇敢に攻撃を牽引」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ミケル・レカルデ

2023年03月12日

オジャルサバルの影響力を考えれば、論争を巻き起こしかねない決断

敗れたローマ戦で奮闘を見せた久保。(C)Getty Images

画像を見る

 先週の水曜日、サン・セバスティアンのベッドタウンの一つ、ラサルテの中心地が青と白のエンブレムピンバッジを着けた子供たちや家族連れでごった返した。

 平日にショッピングセンターに長蛇の列ができるほどの人だかりができるとは何事かと興味本位で近づく者も少なくなかった。そんな中、突然、タケ・クボ(久保建英)が姿を現し、ロックスターのように挨拶したとき、疑問は確信に変わった。

 日本人選手は2月のクラブ月間MVPに選出され、レアル・ソシエダがイベントを開催。予想クイズの当選者の中から抽選で選ばれた人に150ユーロの小切手をプレゼントし、その場に居合わせたファンと交流するというのが受賞者に与えられた“ご褒美”だった。

 あまりに多くの人が集まり、クラブの広報スタッフは「子供たちと一緒に写真を撮るのは控えたほうがいい」と助言したが、タケの礼儀正しさ、サービス精神の前には無力だった。「子供からリクエストされたら、一緒にポーズを取らないわけにはいかない」とむしろ困惑の表情を浮かべたほどだった。
 
 その翌日、レアル・ソシエダは、ローマとの大一番を控えていた。注目されたのがスタメンの人選だ。ダビド・シルバが戦列に復帰したことで、イマノル・アルグアシル監督は、ミケル・メリーノ、マルティン・スビメンディ、ブライス・メンデスも含めた4人が中盤をダイヤモンド形に構成する4-4-2を採用する環境が整っていた。

 さらに2トップの一角を前戦のカディス戦でスタメンから外れ、温存されたアレクサンダー・セルロトが担い、その相棒をタケとミケル・オジャルサバルのどちらが務めるというのが最大の焦点だった。

 イマノル監督が出した回答は前者で、さらにブライスに代わり、カピタンのアシエル・イジャラメンディが中盤の一角に名を連ねた。オジャルサバルの影響力を考えれば、論争を巻き起こしかねない決断だが、そんな中、さらりと核心を突いたのがクラブの前レジェンド、シャビエル・プリエトだ。

「私はスタメンというものは常に良いものだと思っている。論争に火をつけるのはいつもメディアだ。タケは素晴らしいプレーを見せている。その一方で、オジャルサバルは9か月間の戦線離脱を経て復帰したばかりだ」
 
【関連記事】
「新しいiPhoneより人気だ」「狂っている」久保建英のサイン会に凄まじい長蛇の列!街中まで続く光景に現地サポも驚愕「彼の腕はプレーした時の足より痛くなるぞ」
「ソシエダでベスト」「唯一混乱をもたらした」ローマ戦の久保建英に対戦国イタリアのメディアも高評価!「騒がれていた才能がようやく現れている」
「正直、驚いた。同年代のアジア人が…」久保建英が親友イ・ガンインとの“衝撃の出会い”を回想!「人生何が起こるかわからない」
「白の水着はマドリディスタの証です」W杯で話題となった美女サポがビキニ姿を披露し大反響!「めっちゃ可愛らしくてセクシー」
久保建英はバルサやマドリーに移籍すべきか? 元日本代表DF2人の意見が真っ二つ!「若いし、何回もトライできる」「メガクラブに行くことより…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ