【Jリーグ】オフの助っ人補強は需要が高い「J経験者」と中国からの“おこぼれ”に注目!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月20日

Jクラブが求めているのは確実かつ迅速に馴染める人材

C大阪、横浜FCでのプレー経験もあるカイオ。今シーズンは水原三星に在籍。(C) Getty Images

画像を見る

 ビッグネームの名前は聞こえず、“堅実志向”の傾向は続くが、、外国籍選手の獲得を目指し、各クラブはすでに動き始めている。来季に向けた“助っ人補強”の最新事情に迫った。
 
――◆――◆――
 
 監督人事や日本人選手の移籍に加え、助っ人の動向も注目される。ただ、主に外国籍選手の移籍を仲介する代理人(厳密には“仲介人”が正式呼称)によると、「大きな流れは、この冬も近年とさほど変わらないだろう」とのこと。つまり補強失敗のリスクを軽減するため、「Jリーグ経験者」への需要が依然として高いという意味だ。
 
 今夏の動きを振り返っても、C大阪がエジミウソン、清水が鄭大世、福岡がウェリントン、京都がフェホといったように、Jリーグ経験者の獲得が続いた。ポイントは、日本サッカーや環境への適応力である。確実かつ迅速に馴染める人材を求める傾向にあるのが近年のJリーグであり、神戸も大枚を叩いて柏からレアンドロを引き抜いたほどだ。
 
 今冬のマーケットですでに名前が挙がっているのも、やはりJリーグでの経験がある助っ人たち。そのひとりが、今夏も移籍話が浮上したカイオだ。かつてC大阪や横浜FCでプレーしたストライカーで、全北現代を経て、今季は水原三星に在籍している。この夏には、鄭の獲得に失敗した柏の補強リストに上がっており、その後も継続的にJクラブに売り込んでいるという。
 
 その他の注目株は昨夏、大宮からカタールSCに移籍し、今夏に蔚山現代に電撃移籍したチョ・ヨンチョルだ。今年のアジアカップに韓国代表として出場したアタッカーに、古巣の大宮も含め、複数のクラブが関心を示している。
 
 一昨年に福岡や愛媛でプレーし、昨年は水戸で10試合に出場したオズマールも人気銘柄だ。今夏にブラジルのパラナを退団後はフリーながら、並外れた馬力は健在で、安価なのも魅力。チーム戦術に上手くハマれば費用対効果も高いだけに、カウンタースタイルのクラブが情報収集に精を出している。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ