【日本代表/エリア別検証】キャプテンとゲームメーカーの不在は如実に表われていた

カテゴリ:日本代表

増山直樹(サッカーダイジェスト)

2015年11月18日

【ディフェンシブサード】あっけなく中央で裏を取られる脆弱さは、最終予選では致命傷になる

背後を突かれてピンチを招いた吉田。カンボジア相手に後手を踏むようでは、先が思いやられる。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 シンガポール戦同様に押し込む展開が予想されるなか、いかに攻撃に絡めるかが評価軸となるはずだった。だがそれ以前に、守備で不安定さを露呈。相手の持ち札はカウンターとセットプレーだけだと分かっていながら軽率なミスでピンチを招いたのでは、とても合格点は与えられない。

【PHOTOギャラリー】W杯アジア2次予選 第6戦|カンボジア 0-2 日本

 最大の誤算はCBのパフォーマンスだ。9分、前に出てボールをカットしようとした吉田が一発でかわされる。22分には槙野の不用意なパスが奪われ、エリア内からシュートを放たれた。カンボジアのシュート精度の低さに助けられたが、どちらも失点しておかしくないシーンだった。あっけなく中央で裏を取られる脆弱さは、アジア最終予選では致命傷になる。
 
 フィジカル不足も深刻だ。シリア戦やイラン戦ならいざ知らず、カンボジアの9番相手に競り勝てないようでは、不安が募るばかり。スピードで振り切られる場面も散見し、カバーリングも徹底されていなかった。
 
 慣れない人工芝のピッチやボール、暑さからくるコンディション不良など、言い訳を探せばいくつも見つかる。「予選において簡単な試合はない」(吉田)のも事実だ。それでも、カンボジア戦で見せた守備は、世界を目指すアジアの強豪として恥ずべきものだった。
 
 そんなCBに比べれば、SBのふたりはまずまずの出来だと言えよう。「昨日の夜に(先発だと)聞きました」と語る長友は、代表では珍しい右SBでも大人なプレーを見せた。藤春はもう少し積極性が欲しかったところだが、「前半も決められる場面があったが、なんとか最後にアシストできた」と本人が振り返るように、ふたつの決定機に絡んでいる。11月シーリーズの2試合で、クロスからダイレクトにゴールが生まれたのはこの日の2点目のみ。指揮官が求めるサイドアタックは体現できていた。
 
 ただし、両サイドともに攻撃のほとんどの局面で相手に数的優位を握られ、効果的な細かい崩しが見られなかったのは反省材料だ。“即席感”の強い顔触れだったとはいえ、ウイングやボランチとの連係には詰めるべき点が多く残っている。
 
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】眠気を誘う前半、不可解な2ボランチ、アンフェアな競争、言い訳と勘違い……とにかくひどかったし、柏木がスペシャルだったわけじゃない
金田喜稔がカンボジア戦を斬る! 柏木に救われた日本。ハリルホジッチ監督はアジアの戦いを把握し切れていない
【日本代表】またも躍動した柏木。しかしその裏でふたつの課題が浮き上がる
【日本 対 カンボジア|2-0】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評/シンガポール戦に続いて柏木が躍動。悪癖を露呈した吉田は守備陣のリーダーとして不合格だ
カンボジア戦を終えて――長友「特に前半は人工芝に苦しんで良いサッカーができなかった」
カンボジア戦を終えて――柏木「このレベルだったらできて当たり前だと思っている」
【カンボジア 0-2 日本】本田が歴代1位のW杯アジア予選5戦連発! 日本が格下相手に辛勝
カンボジア戦を終えて――槙野「相手の9番は『思ったよりはやるな』という印象」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ