【日本代表】またも躍動した柏木。しかしその裏でふたつの課題が浮き上がる

カテゴリ:日本代表

増山直樹(サッカーダイジェスト)

2015年11月18日

シンガポール戦で魅せたゲームコントロールは、カンボジア戦でも健在だった。

後半から出場した柏木は、シンガポール戦に続いて輝きを放った。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「皆さんご覧になったように、彼が入っただけでゴールに近付けたし、PKも得ることができました」とハリルホジッチ監督が称賛するのは当然だろう。間違いなく柏木は悪い流れを変え、チームを救った。
 
【PHOTOギャラリー】カンボジア 0-2 日本

 後半から登場すると、ファーストプレーで相手の裏にボールを蹴り込み、セカンドボールの競り合いから香川がPKを獲得。これは岡崎が止められてゴールならずも、柏木はその4分後、今度は正確なFKでチームに先制点をもたらしている。
 
 時に一発のフィードで裏を狙い、時に細かいパスで組み立てる。なにより際立ったのが、プレーメーカーとしての貢献だ。状況を的確に読み、攻撃の流れを作った。また、ポジショニングも的確だった。ボランチコンビを組む山口が持ち味を活かしてセカンドボールを拾えていたのは、カンボジアの選手の疲労だけが理由ではないだろう。
 
 シンガポール戦で魅せたゲームコントロールは、カンボジア戦でも健在だった。しかし、柏木本人から言わせれば「毎回言っているけど、この相手にならできて当たり前」となる。同時に、「3回ミスがあったから、そういうのはなくさないといけない」と反省も忘れない。
 
 カンボジア戦の決して満足できない勝利のなかで、唯一の救いとも言えるようなパフォーマンスを見せた柏木。間違いなくこの男は、アジアを勝ち進むうえで重要なピースになる。
 
 しかし、その裏でふたつの課題が浮かび上がる。
 
【関連記事】
【日本 対 カンボジア|2-0】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評/シンガポール戦に続いて柏木が躍動。悪癖を露呈した吉田は守備陣のリーダーとして不合格だ
【カンボジア戦会見】ハリルホジッチ監督がアジアサッカーへ提言。「チームを発展させたいならもっと勇気を持って攻撃するべき」
【日本代表/エリア別検証】キャプテンとゲームメーカーの不在は如実に表われていた
カンボジア戦を終えて――槙野「相手の9番は『思ったよりはやるな』という印象」
【セルジオ越後の天国と地獄】眠気を誘う前半、不可解な2ボランチ、アンフェアな競争、言い訳と勘違い……とにかくひどかったし、柏木がスペシャルだったわけじゃない
金田喜稔がカンボジア戦を斬る! 柏木に救われた日本。ハリルホジッチ監督はアジアの戦いを把握し切れていない
カンボジア戦を終えて――柏木「このレベルだったらできて当たり前だと思っている」
【編集長の視点】世界最高峰のプレミアリーグでプレーする吉田がなぜ? カンボジア戦の“あの場面”で彼は必死に戦っていたのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ