カンボジア戦を終えて――柏木「このレベルだったらできて当たり前だと思っている」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月18日

「ノールックでパスを入れることで相手の逆を突けるじゃないかと」(柏木)

巧みなボール捌きで、攻撃にアクセントを加えた柏木。シンガポール戦に続いて、アピールに成功した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ワールドカップ・アジア2次予選の日本対カンボジアは11月17日、カンボジアのプノンペン・オリンピックスタジアムで行なわれ、日本が2-0で勝利した。
 
 後半の頭から出場した柏木、86分からピッチに立った南野のコメントをお届けする。

●柏木陽介(浦和/MF
 
――前半はかなり苦しそうに見えたが、ベンチで見ていてどうだったか?
 
「どういうプレーがいいのかっていう話はみんなとしていて、そのなかで裏が有効的じゃないかとは感じていました。ピッチ状態が悪くてパスの出し入れがなかなか難しい状況だったし、裏を狙ったあとのセカンドボールを拾っていくのもアリなんじゃないかと。それから、正直なパスが多かったのでノールックでパスを入れることで相手の逆を突けるじゃないかと。それが上手くハマりましたね」
 
――ボール扱いに苦戦する選手が多く見受けられたなか、良く対応できていたように思うが?
 
「それでも2、3回ミスはあった。そういうところはなくしていきたい。皆が悪かったというよりは、前半は難しいゲームだった。もし自分が前半に出ていたら上手くいってなかったかもしれないし、前半に出場した選手を責めるべきではない。前半があったからこそ、自分のプレーも活きてきたっていうところもありましたからね」
 
――前半苦戦していた要因はなんだと思いますか?
 
「相手がブロックを作っていたところ。それから、意外と高い位置まで出てきた部分もあったのかなとも思う。横にパスはつなげていたけど、次がないっていう状況だったので厳しかった」
 
――攻撃が単調だった?
 
「ボール受けてリズムを作りたい選手も結局、下がるだけになって、オカ(岡崎)が孤立するっていうところがあったと思う」
 
――今回の2試合では、貢献できた手応えがあったんじゃない?
 
「このレベルだったらできて当たり前だと思っているし、ある程度できるっていう自信はあった。前回もそうだけど、前半に相手の出方を見たうえで、上手くプレーできたとも思っているから、正直運が良かったと思っている。試合に出られる準備ができていたという意味では、多少貢献できたかとは思っています。今後もこのパフォーマンスを続けていきたいですね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ