【プレミア現地コラム】「リオの後継者」がいよいよ本領を発揮か!?

カテゴリ:連載・コラム

山中忍

2015年11月13日

「展開が読めている」、「よく声が出ている」とリオ・ファーディナンドが絶賛。

ファン・ハール監督のもとでCBに固定され、今シーズンは不動の存在に。「リオの後継者」の名に相応しいプレーを随所で見せている。 (C)Getty Images

画像を見る

「すっかり変わってしまった」
 
 これは、リオ・ファーディナンドによるルイス・ファン・ハール体制2年目のマンチェスター・ユナイテッド評だ。
 
 たしかに、豪快に攻める伝統のスタイルは影を潜めている。リーグ4位につけているチームの得点数は、トップ6のなかで最低の「17」、失点数は20チーム中で最少の「8」という“守高攻低”だ。
 
 しかし、ユナイテッドの最終ライン中央に、かつての自分を思わせる守備の要が現われた変化は、ファーディナンドも歓迎するところだろう。解説者に転身したこのクラブOBが、「展開が読めている」、「よく声が出ている」と言って褒めるクリス・スモーリングの台頭である。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ