ヴァーディーが止まらない! プレミア史上3人目8試合連続ゴールで勝利を呼び込む & 岡崎は守備で逃げきりに貢献――WBA 2-3 レスター

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年11月01日

岡崎は2試合連続ベンチスタート。

試合フォーメーション&結果 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 10月31日、プレミアリーグ第11節が行なわれ、岡崎の所属する5位レスターは10位のWBAと対戦し、3-2で勝利を手にした。
 
 前節、シーズン初完封勝利を挙げ、以前から「完封したらピザを奢る」と宣言していたラニエリ監督が10月29日の木曜日に公約を実行。「チームがサッカー以外の時間を一緒に過ごすのは良いことだ」と指揮官は語るが、こういったことからもチームの好調さが窺える。
 
 そんなレスターが今節、敵地に乗り込んでWBAと対戦したが、前節から先発メンバーが一部変更されていた。
 
 最前線にウジョアを入れ、7試合連続ゴール中(10ゴール)のヴァーディーと2トップを形成したのだ。これにより岡崎は、2試合連続でベンチスタートとなった。
 
 さらに左SBもフクスに代えてシュラップを置き、前節は右サイドに位置していたオルブライトンを左サイドハーフに配置し、マハレズをトップ下から右サイドに戻した。
 
 185センチの長身で、ポストプレーのできるウジョアが2トップの一角に入ったことで、基点ができるようになったレスターは序盤、ボールを奪い取ってから最前線へと繋ぐ、スピーディーな展開で敵ゴールに迫る。
 
 7分、オルブライトンのスルーパスに抜け出したヴァーディーが、ペナルティーエリア右で仕掛けてシュートを放つも、これはポストに嫌われた。
 
 アウェーチームがゲームを優位に進めるなか、先制点を奪ったのはホームのWBAだった。
 
 30分、セセニョンが左からのCKを蹴り、ベネズエラ代表FWのロンドンがニアサイドですらすと、ボールはネットを揺らした。
 
 このセットプレーでの失点直後から、プレッシャーをより強めたレスターは相手を押し込みにかかるも、WBAが守備を固め、再三、背後を突かれていたヴァーディーのプレーエリアを消したことで手を焼いた。
 
 結局、レスターはWBAの堅牢をこじ開けることができず、1点ビハインドで後半へ折り返すこととなった。
 

CKから先制ゴールを決めて、喜ぶWBAのロンドン! (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
現在得点ランキング首位! ビッグクラブも注目するFWヴァーディーを“相棒”岡崎慎司が語る
ヴァーディーの7試合連続得点でレスターが初完封勝利を飾る! 岡崎は身体を張った守備で役割を全う――レスター 1-0 クリスタル・パレス
指揮官の采配が命中したレスターが価値あるドロー! 岡崎、吉田は存在感を出せず――サウサンプトン 2-2 レスター
武藤、ワールドクラスのストライカー顔負けのフィニッシュ3発!――アウクスブルク 3-3 マインツ
巧さ、華麗さ、クレバーさだけでなく、泥臭さでも魅せた香川――ブレーメン 1-3 ドルトムント

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ