【J1展望】2ndステージ・16節|G大阪 – 広島|傷心のG大阪は、広島の“胴上げ”阻止なるか?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月06日

G大阪――3ボランチを採用し、広島の攻撃を封じるか。

故障者/G大阪=なし 広島=森﨑浩、吉野、川﨑
出場停止/G大阪=なし 広島=なし

画像を見る

 
J1リーグ2ndステージ・16
ガンバ大阪 - サンフレッチェ広島
11月7日(土)/14:00/万博記念競技場
 
ガンバ大阪
2ndステージ成績(15節終了時):4位 勝点28 8勝4分3敗 28得点・22失点
年間成績(32試合終了時):3位 勝点60 17勝9分6敗 52得点・35失点
 
【最新チーム事情】
●ナビスコカップ決勝では鹿島に0-3と完敗。
●長谷川監督は広島のドウグラス、柴崎の2シャドーを警戒。
●3バックの広島に対して、3ボランチの布陣を採用か。
●11月5日に代表メンバーが発表され、FW宇佐美、DF藤春、GK東口の3人が選出。
 
【担当記者の視点】 
 ナビスコカップ決勝で鹿島に0-3と惨敗した精神的ダメージは大きいものの、長谷川監督は手綱をすぐさま引き締めてチームの士気を高めた。結果次第では広島のステージ優勝が決まるだけに、選手たちは“胴上げ阻止”に燃えている。チームとしても年間3位につけており、CS出場に向けてモチベーションは高い。
 
 3バックの広島に対して、今回も3ボランチシステムを採用する見込み。宇佐美とパトリックの2トップを最前線に据え、遠藤をトップ下に置く形となりそうだ。もっとも、3ボランチを採用した第2ステージ13節の川崎戦では5失点を喫しており、守備が上手くハマらなければ大量失点もあり得る。川崎戦の教訓を活かして、広島の攻撃を封じたい。
 
 得点ランク2位(19ゴール)に立つ宇佐美は、3点差でトップの大久保に迫っており、ライバルが出場停止の今節で差を詰めたい。公式戦8戦不発とスランプ気味ながら、1週間の休養を経てコンディションも徐々に戻って来た。エースの一撃でチームを勢いづけたい。
 
【関連記事】
【ナビスコカップ決勝】宇佐美は8戦不発と“スランプ状態”。鹿島の猛攻に晒されて「死に駒」と化す
【ナビスコカップ決勝】30分に起きた「西野→岩下」のCB“ドタバタ”交代劇。長谷川監督と岩下が舞台裏を明かす
【U-22日本代表】エースの座を手に入れるために――。今キャンプ最初で最後のアピールに懸ける浅野拓磨
【広島】脇役から主役へ躍り出るために――。清水航平が抱いていた結果への「こだわり」
【J1】第2ステージ・15節終了時のCS暫定組み合わせ。次節にも広島にステージ優勝の可能性
【日本代表/編集長の視点】本田と宇佐美の選出は妥当なのか。代表の場に指定席はいらない
【ナビスコカップ決勝|編集長の視点】勝敗を分けた指揮官のマネジメント力。宇佐美は戦術に消された

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ