【J1】第2ステージ・15節終了時のCS暫定組み合わせ。次節にも広島にステージ優勝の可能性

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2015年10月27日

広島が暫定決勝進出の座を堅持。FC東京を抜いて年間勝点3位のG大阪が準決勝で浦和と激突。

広島と浦和は勝点差なしの熾烈なデッドヒートを繰り広げる。一方、今節年間3位に食い込んできたG大阪もFC東京とは勝点2差と僅差の勝負となっている。

画像を見る

 11年ぶりに復活した「Jリーグチャンピオンシップ」は、最大5チームが出場の切符を手にできる新レギュレーション。各ステージ覇者+年間勝点1~3位に出場権が与えられる。

【順位表】第2ステージ・15節終了時
 
 そして、第2ステージ・15節を終えた時点での暫定の組み合わせは表のとおり。組み合わせは、前節に続き第2ステージ、年間勝点でともにトップに立つ広島が決勝進出。第1ステージ覇者で年間勝点2位の浦和が準決勝(1回戦制)で、FC東京を抜いて年間勝点3位に躍り出たG大阪と戦うことになる。
 
 次節(11月7日)は、万博でG大阪と広島が激突。広島は、この一戦に勝って鹿島が引き分け以下に終わるか、あるいは引き分けたうえで鹿島が負ければ、第2ステージの優勝が決まる。ただ、広島は浦和との年間首位争いも懸かっており、またG大阪もFC東京とのCS進出争いがあるだけに、両者とも勝点3が欲しい一戦だ。浦和はホームで川崎と、FC東京は敵地で柏との対戦となる。
 
 また第2ステージの逆転優勝に望みを懸ける鹿島は、こちらも奇跡の「大逆転優勝&CS進出」に懸ける横浜との対戦となっている。横浜は第2ステージ優勝を狙うにしろ、年間勝点3位以内を狙うにしろ、勝点3が必須の状況なだけに、攻撃的な姿勢で鹿島に挑むことになりそうだ。
 
 第2ステージ終了時には、どんな結果となるのか。チャンピオンシップは、11月25日(水)に1回戦、同28日(土)に準決勝が行なわれ、ホーム&アウェー方式の決勝は第1戦が12月2日(水)、第2戦が同5日(土)に行なわれる。
 
【関連記事】
【岩本輝雄のJ1ぶった斬り】横浜の“勝利の方程式”と、リズムを狂わせた中野と、不可解なレフェリング
【広島】脇役から主役へ躍り出るために――。清水航平が抱いていた結果への「こだわり」
【川崎】波紋を呼ぶ大久保嘉人の「“冤罪”退場劇」。中村憲剛も「説明は受けたけど、到底理解できない」と主審を痛罵
【浦和】“レッズ・ベース”がハリルジャパン強化の近道か
【FC東京】「ない、ない」尽くしの完敗。「FC東京は“そういうサッカー”をしてきていない」(東)
【遠藤保仁セレクト】J1・500試合の中から本人が選ぶ「記憶に残る5つのゲーム」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ