• トップ
  • ニュース一覧
  • 数字に表われない家長昭博の凄み。孤高の天才キャラは過去の話。チームメイトが明かす背番号41の変貌と貢献

数字に表われない家長昭博の凄み。孤高の天才キャラは過去の話。チームメイトが明かす背番号41の変貌と貢献

カテゴリ:Jリーグ

岡島智哉

2022年11月07日

ボールを預ければ、実際に何とかなっていた

今季のJ1ではチームで唯一の全34試合に出場した家長。貫録のプレーで多くの勝利に貢献した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 36歳・家長昭博の今季のパフォーマンスは圧巻だった。

 J1の得点数は、1位と2差の12点。本人は「一切興味がない」「自分が得点王になったらJリーグがやばい」などとコメントしており、本当に一切興味はなさそうだったのだが、大事な場面でチームを牽引したことは、全34試合出場というものも含めて、しっかりと数字に表われている。

 特に夏場以降、シーズン終盤のラスト15試合で8ゴールを挙げた。右サイドで圧巻のボールキープを見せたかと思えば、中央や左サイドにも顔を出し、クセのあるビルドアップで相手を苦しめ、味方を助けた。

 主力の相次ぐ海外移籍により選手層に課題のあったフロンターレで、獅子奮迅の活躍を見せた。困った時に家長にボールを預ければ、実際に何とかなっていた。鬼木達監督も「彼は別格」と賛辞を惜しまない。

「34試合、12得点・5アシスト」という数字はもちろん素晴らしいのだが、1年間、スタジアムでそのプレーを見続けてきた身としては「いや、本当はもっと凄いんだけどね」という思いになる。

 それは、数字以上のチームへの貢献があり、あるいは華麗なトラップであるとか、巨漢選手との対人を制す様子であるとか、数字には表われない、思わず唸るプレーを何度も見てきたからだろうと思う。
 
 家長、右サイドバックの山根視来とともにフロンターレの右トライアングルを形成する右インサイドハーフの脇坂泰斗は、今シーズンの家長の変化をこう語る。

「ポジションも近いので話すことも多いが、今年はその回数が増えているなと思う。今シーズンはアキさんからの要求が増えた。『こうしてほしい』って要求が、いろいろな局面で例年より増えている」

 試合前だったり、ハーフタイムにベンチへ下がる途中だったり、誰かが痛んで試合が止まっている時だったり。若い選手に声をかけ、時に身ぶり手ぶりを示したり、肩に手を回して語りかけたりする様子は、記者席からもたびたび目撃した。

 家長は「気づいたことは言うようにした。それでもみんなに比べて半分以下ですよ。基本的には静かにやっています」と首をかしげるが、「でも、言う人が(移籍などで)減ったりとかもありますかね。多少ですけど、言わないといけない状況も増えた」とも語る。
 
【関連記事】
「やばい、泣ける」「最高のキャプテン」フロンターレ谷口彰悟が涙こらえ悔しさを露わに…サポーターへの試合後挨拶にファン感涙
ひざから崩れ落ち地面を叩いて喜び! プレッシャーに打ち勝った家長昭博のPK弾後の姿が「初めて見た」と反響!
「絶え間ない脅威となった」キッレキレの三笘薫を英メディアが激賞!「彼を全く抑え込めなかった」
「ミニ韓日戦で嵐を起こした!」ブライトン三笘薫の圧巻パフォーマンスに韓国メディアも手放し称賛!
「交代シーン、感動しました」フロンターレ登里享平、丹野研太への熱い想いに称賛の声!「2人とも間違いなくプロフェッショナル」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ