【J1展望】2ndステージ・14節|G大阪 – 浦和|パトリック、倉田が出場停止のG大阪とベストメンバーの浦和。成就するのは「迎撃」か、それとも「報復」か?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月16日

G大阪――主力ふたりを欠き、岩下もベンチスタート濃厚と苦しい状況。

故障者/G大阪=なし 浦和=なし
出場停止/G大阪=倉田、パトリック 浦和=なし

画像を見る

 
J1リーグ 2ndステージ・14
ガンバ大阪 - 浦和レッズ
10月17日(土)/14:00/万博記念競技場
 
ガンバ大阪
2ndステージ成績(13節終了時):8位 勝点22 6勝4分3敗 23得点・20失点
年間成績(30試合終了時):4位 勝点54 15勝9分6敗 47得点・33失点
 
【最新チーム事情】
●敗れれば年間1位の可能性が消滅。
●遠藤が出場すればJ1通算500試合出場。
●15日に長谷川監督の来季続投を正式発表。
●負傷を抱える岩下はプレーできる状態ながら、先発回避の見込み。
 
【担当記者の視点】 
 浦和戦から中3日の21日には、ACL準決勝第2戦の広州恒大戦(@万博、19時)も控えており、この連戦が今季最大の山場と言えるだろう。
 
 15日に長谷川監督の契約延長が発表されたものの、浦和戦へ向けたチーム状態には不安が残る。代表組の宇佐美、丹羽、米倉、東口は、イラン戦後の翌14日に帰国し、15日から練習に合流。長距離移動の疲労も残るなかで浦和戦を迎えるだけに、コンディションが万全とは言えない。また、パトリックと倉田が出場停止のうえ、負傷を抱える岩下も現時点ではベンチスタートの見込みと、主力を欠くのもかなりの痛手だ。
 
 鍵を握るのは、代役を務める赤嶺と金の働きだろう。倉田に代わって出場する大森はこれまで一定のパフォーマンスを披露しており、レベル的にもさして遜色はない。ただ、出場の少ない前者のふたりが、この大一番でどんなプレーを見せるか。逆に彼らが奮起すれば、苦境を乗り越えられるはずだ。
 
 システムは3ボランチ気味の4-3-1-2が濃厚。川崎戦はこれが上手く機能せず5失点を喫しただけに、万博での悪夢は避けたいところ。昨年のリベンジを目論む東の雄を、ホームで迎撃したい。
 
【関連記事】
【G大阪】川崎戦で岩下敬輔とパトリックが一触即発。「小競り合いの真相」を当事者の岩下が語る
【J1採点&寸評】川崎×G大阪|代表DFを翻弄した中野のドリブルは圧巻。2ゴールの大久保が宇佐美を抜いて得点ランクトップに
【浦和】加入したばかりで緊張しまくる高木俊幸を“救った”のは日本代表GK西川周作の…
【浦和】鳥栖戦で課題を露呈。ラスト4節、浦和が昨年の悪夢を払拭するための条件とは?
【セルジオ越後の天国と地獄】「今の代表は退屈」という声は当然だね。 11月に勝っても「虚像JAPAN」にすぎないよ
【回想】「オリジナル10」5チームのJ2降格の瞬間――週刊SDの記事で振り返る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ