【藤田俊哉の目】新戦力にもっと時間を与えないと、本当の姿は見えてこない

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年10月14日

どこをどう比較しても、イランが一枚上手だと感じた。

人に強いイランに球際で対抗できず、香川のようなパスワークで活きる選手は目立った活躍ができなかった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

   先日のイラン戦は、おそらくハリルホジッチ体制になってもっとも大きな収穫を得たゲームじゃないかな。
 
 この試合で個人的に注目していたのは、FIFAランキングで日本を上回るイランとの差が果たしてどこにあるのか。その視点でゲームを追っていたけれど、それ以前の問題だったね。と言うのも、日本はどのポイントにおいても優位性を感じられなかった。
 
 セットプレーではどちらが優位だったか? 球際ではどうだったか? イランがずっとゲームを支配しているように見えたのは、僕だけではないはずだ。ポゼッション率もイランの54パーセントに対して日本は46パーセント。いずれにしても、どこをどう比較してもイランが一枚上手だと感じた。
 
 特にイランの対人プレーにおける強さは際立っていた。ゴール前で高さとパワーを活かして勝負に来ると、日本の最終ラインはギリギリの対応を迫られていた。CKやFKから得点を奪われていてもおかしくない展開だった。
 
 吉田がペナルティエリア内で相手FWを倒してPKを献上したけれど、あのシーンでも、トップスピードで仕掛けてきた選手に対応できなかった。相手のドリブル突破に体勢を崩されてしまったのが、あのような後追いによるアクシデント的なファウルにつながった。
 
 攻撃面に目を向けても、ガツガツと球際で強く当たられてボールを奪われるシーンが目立った。ハリルホジッチ監督が目指している“縦に速いサッカー”は、イランのように人に強いチームに対して、効果的な場面を作り出すことができなかった。
 
 スピードと足もとの技術で優位に立てなければ、日本は活路を見出しにくい。そもそも、サッカーの試合において球際で後手を踏んでいたら、グッドゲームにならないんだ。そうなってしまっては、パスワークで活きるタイプの選手はほとんど活躍できない。
 
 攻撃をリードすべき香川は、その代表格と言えるだろう。背番号10は本来の存在感を発揮できず、いつも以上に小さく見えた。頼みの本田もボールキープこそするもの、“違い”を生み出すようなプレーはほとんど見られなかった。武藤の同点ゴールをお膳立てしたピンポイントクロスは見事だったが、本来ならもっと活躍できるはず。奇しくも、ミランで試合に出られていない苦しい現状がそのまま反映されたようだった。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】「今の代表は退屈」という声は当然だね。 11月に勝っても「虚像JAPAN」にすぎないよ
金田喜稔がイラン戦を斬る! 「意図のある攻撃が見られなかったのは非常に残念。『縦パス』を有効活用すべきだ」
【韓国が見た日本】順調な韓国と比較し“余裕”の報道。ハリル政権下での変化にも言及
【日本代表|エリア別検証】安泰ではない香川のトップ下。危機感を煽る意味では、吉田外しを断行しても良い
【サッカーダイジェストの視点】イラン戦後半の攻勢は当然の流れ。むしろ機能不全な前半の出来に悩みは深まった

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ