【韓国が見た日本】順調な韓国と比較し“余裕”の報道。ハリル政権下での変化にも言及

カテゴリ:日本代表

慎武宏

2015年10月14日

「無気力な日本、イラン遠征試合で1-1のドロー」(『InterFootball』/サッカーメディア)

ハリルホジッチ監督の下、軌道に乗り切れない日本を、韓国メディアも報道。イラン戦のドローを「無気力」と報じたものもあった。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

「本田1ゴール・1アシスト、日本、シリアを制圧してグループ首位に」(ネットメディア『OSEN』)、「シリアに完勝の日本、ハリルホジッチ監督もひと安心」(『韓国経済TV』)、「日本、吉田のミスと武藤のゴールでイランにドロー」(ネットメディア『Newsen』)、「日本対イラン、親善試合とは思えない肉弾戦に」(ネットメディア『e-star』)。
 
これらはシリア、イランと対戦した日本代表の10月シリーズを報じた韓国メディアの見出しだ。韓国代表は10月8日に敵地で行なわれたクウェートとのワールドカップ・アジア2次予選を1-0で制し、13日のジャマイカ戦も3-0の大勝。ウリ・シュティーリケ監督就任以来、16勝3敗3分と順調な航海を続けていることもあり、韓国メディアも余裕があるのだろう。
 
シリアに勝って予選グループ首位を奪還するも、14日にシリアがアフガニスタンを5-2で下したことで再び2位に転落したのに加え、敵地でイランと引き分けたハリルジャパンの結果を比較しながら、「韓国サッカーは笑い、2位に退いた日本は泣いて……」(スポーツ新聞『スポーツ朝鮮』)と報じるメディアもあった。「無気力な日本、イラン遠征試合で1-1のドロー」(サッカーメディア『InterFootball』)との記事も出たほどだ。
 
もっとも、サッカー専門メディア『FOOTBALLIST』のリュ・チョン記者の見方は違う。インターネット動画中継でシリア戦、イラン戦をチェックしたという彼が最初に口にしたのは、「日本代表の選手たちとハリルホジッチ監督がようやく仲良くなってきた」という意外な言葉だった。
 
「互いに親しい間柄になったという意味ではないですよ(笑)。監督の注文を選手たちも実践するようになったという意味で、“ようやく仲良くなった”ということです。もちろん、まだその関係性は完璧ではないだろうし、シリア戦の前半など日本のファンにとっては内容面でかなりストレスがあったと思いますが、2試合を通じて日本が変わってきている印象はあります」
 
 象徴的なシーンが、シリア戦での2得点だったという。
 
「本田が決めたPKと岡崎のゴール。ともに果敢に前へ出てカウンターからチャンスを作りましたね。逆襲の際、一旦ボールを落ち着かせて丁寧に切り崩すのがこれまでの日本のスタイルでしたが、ふたつの得点シーンは縦にも勝負できるという一面を覗かせました。ハリルホジッチ監督が目指すスタイルが色濃く出た場面だったと感じました」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ