“泥臭く戦うこと”をテーマに、U-17アジア杯予選を逞しく戦い抜く。「甘さたっぷり」だった若き日の丸戦士が示した確かな成長【U-16代表】

カテゴリ:日本代表

松尾祐希

2022年10月13日

U-17アジア杯予選はU-15世代の秋から1年後ろ倒しに

中東勢とも対戦した予選は4戦全勝。逞しい戦いぶりで来年5月の本大会行きを決めた。写真:佐藤博之

画像を見る

 国際舞台における基準や、異なる環境に身を置く難しさを、良い意味でも悪い意味でも知らなかった。日本の未来を担う選手たちにとって、実り多き活動となった。

 森山佳郎監督率いるU-16日本代表は、10月1日からヨルダンで行なわれたU-17アジアカップ予選に挑み、4連勝のグループ首位で来年5月の本大会行きを決めた。同大会は来秋に開催されるU-17ワールドカップの最終予選を兼ねており、日本は4大会連続での出場を目ざす。

 世界大会につながる今予選ではレギュレーションが変更され、東西を分けず一括りとなった。そのため、いきなり西側のチームと対戦することに。日本が属するグループAは5か国中3か国が中東勢。実力的には日本がひとつ抜けているが、守備を固めながらシンプルに縦に蹴ってくるスタイルは他ではそうそうお目に掛かれない。

 そうした相手と戦えた点は、最終予選を見据えたうえでもプラスで、海外での経験に乏しい選手たちにとっても大きな意味があった。U-16世代は国際試合を戦ったことがほとんどない。2020年の春先から流行した新型コロナウイルスの影響はもちろんだが、今予選からレギュレーションの変更でU-17アジアカップ予選がU-15世代の秋から1年後ろ倒しとなった。U-16世代を迎えてから戦うため、成長スピードが少なからず鈍化していた。

「今まではU-15で一次予選があったので、そこはやっぱり難しい」と指揮官が嘆いた通り、伸び盛りの選手たちにとって1年間の差はあまりにも大きい。海外勢と公式戦を戦える機会が1年遅れ、国際舞台の難しさや勝負の厳しさを知るタイミングが後ろにズレる。1年後にしか知れないとなれば、意識を高めるチャンスが失われた影響で選手の成長にも影響が出る。

「1年遅れできているので、まだまだ個人としても甘さがたっぷりだし、グループとしても甘さたっぷり」(森山監督)
 
 長きに渡ってこの年代を指導してきた指揮官の言葉には説得力があるし、選手たちの全てを物語っていると言っても言い過ぎではないだろう。

 実際に8月のウズベキスタン遠征ではイランに1−3で敗れ、デュエルの勝率も20パーセントほど。戦えないとスタッフ陣から何度も言われ、U-16代表は“安心して見ていられる”とは言えない状態で今予選を迎えた。
 
【関連記事】
「始まりから神回確定」「鎌田を左?」ラモス瑠偉がW杯メンバー26人を独自選出、意外なチョイスに反響!
「もう二度と来ない!」カタールW杯は大丈夫? 炎天下の徒歩移動、スタジアムは蒸し風呂状態、飲み物を求めトイレの水を…テストマッチは課題だらけ
「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響
“2m”の超大型ストライカー木吹翔太。「もしかしたら大化けするかも」と指揮官も期待。泥臭く戦えるかがカギ【U-16代表】
「誰よりも懸ける想いがあった」祖母の命日に決めた直接FK弾。U-16代表FW名和田我空は大切な家族の想いを胸に新たなスタートを切る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ