• トップ
  • ニュース一覧
  • 【日本代表】根底にあるのはミランへの批判と同じ。どこまでも貪欲な本田は、本気で“強豪国”入りを目指す

【日本代表】根底にあるのはミランへの批判と同じ。どこまでも貪欲な本田は、本気で“強豪国”入りを目指す

カテゴリ:Jリーグ

五十嵐創(サッカーダイジェスト)

2015年10月09日

1ゴール・1アシストの活躍に「後半は効果的に相手を崩せました」(本田)。

シリア戦の後半から本田(4番)と原口が中央寄りにポジションを移し、日本の攻撃は機能し始めた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 所属クラブでの不遇とは関係なく、日本代表に帰ってくれば必ず結果を残す。本田圭佑の勝負強さには恐れ入る。勝利が義務付けられたシリア戦では、1ゴール・1アシスト。岡崎が得た先制PKを冷静に沈めてチームを勢い付け、終了間際にはカウンターから宇佐美の3点目をアシストした。
 
【PHOTOハイライト】シリア 0-3 日本

 シリアが激しくプレッシャーをかけてきた前半こそ不発に終わったが、見違えるように変わったのは「中盤と前線に修正を加えた」(ハリルホジッチ監督)という後半のプレーだ。
 
「前半と後半(の違い)は、もちろん相手がバテたっていう分析もできると思うんですけど、こっちのやり方も明らかに変えた。前半は(選手の)距離感が遠くて、後半は両サイドの原口と僕が中に絞ることで、(パスを)当てる的を増やしました。蛍(山口)、僕、真司(香川)みたいな前半なかったような流れから、一気に真司が前を向いてという形で、効果的に相手を崩せました」
 
 やや中央寄りにポジションを移した本田は、ワンツーの壁役になって香川の突破を促し、タイミングの良いパスで周りを走らせる。PKで先制してからはさらに勢いは加速し、前がかりになった相手の背後を突いて決定的な場面に顔を出した。
 
 とはいえ、3-0というスコアとパフォーマンスには満足していない。「僕が中に入らないとできないプレーは、何度か見せられましたね」という後半への手応えを語る一方で、ノーゴールに終わった前半の反省も口にした。
 
「前半からやっても相手が元気だったんで、取られる場面も増えたかもしれない。ただ、どうせ取られるなら、(選手間の)幅を広くして孤立してボールを奪われるのではなく、日本らしい攻撃スタイルを仕掛けて失敗して、でもコンパクトにしているから取り返せる、みたいな形のほうが良かったかなと」
 
【関連記事】
【采配検証】お馴染みのメンバーで手堅く… 宇佐美、武藤の終盤投入で伸びしろは見込めるか?
【日本代表/エリア別検証】距離感が改善された後半は、本田と香川を起点に厚みのある攻撃を実現
【岩本輝雄の視点】香川がサイドに流れ、本田が中に入る――彼らの連動性と距離感が攻撃を活性化させていた
【サッカーダイジェストの視点】進歩しているゲームマネジメント。勝利にこだわった戦いぶりをイラン戦でも見せられるか
金田喜稔がシリア戦を斬る! 「ホッとしたよ。ただ前半、リズムを変えるプレーを誰もできていなかったのは課題」
【セルジオ越後の天国と地獄】前掛かったシリアの隙を突いただけなら、日本が戦い方を変えたとは言えない
【日本対シリア】サッカーダイジェスト特派記者の採点&寸評

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ